5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【つみきがお経を唱えるスレ】

1 :月見:04/01/13 23:18 ID:/Iq57CRh
メンリブの狂粗がぶつぶつ唱えますので暇な人は聞いてってください。

前スレ
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1070126560/

2 :(σ´∀`)σモチえもん ◆MOTIm3PqrU :04/01/13 23:22 ID:4VXg2QaF
 !     , ‐'´ヽ、.__..>---┴---‐┴-<..._`ヽ.  i.      /
 ヽ   ,.ヘ  _,.‐'´.イ'´ト、\、..____,,.. -─-、ヽ, ヽ_!__./ _
.  `‐、 :  `,イ r(( 、ヽ ` ‐-ゝ _,.. -── _){__│|   ||
     :` ー-{ { 、ゝ、.._ ヽ、 ヾー''ニ=-‐rッー;'' `ゝ{ │|   ||
      :    `rゝィ-ーfォ!  '"´   ̄ ̄ ``:  }.!_ |│   ||    2GETをさせてもらう!
     :     .| イ}  ̄ノ            : ( 「´│|   ||    
.     :    │{│ ノ''           :  ル{.._│|   ||     
     :     | ノ}l └-            :  ´.{   | |   ||
      :     .|.  l.  ヾニ二'>      :  _,L.__ | |   ||_      
       :    |   i    __     _;.r‐´ z-‐''"´    .| r‐   
      ,: ‐''"~´ ̄ ̄ ̄~``ヽ._.∠ニ-‐''"´        | ゝ:'
.      |   r-──┐    :|:::              -‐7 ̄
      |    ̄ ̄ ̄     |::
.      └

3 :小悪魔♥ローズ ◆wfDi2lA.pE :04/01/13 23:30 ID:ni4uuVHc
3
げっと〜〜〜

4 :◆7JzvfzvpNY :04/01/13 23:36 ID:6EMmPnYa
4だ4♪

5 :母乳メジャー:04/01/13 23:59 ID:cyre01Uj
乳と子と聖霊の御名において、
アーメン。

6 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 00:05 ID:7nbcK+dt
仏仏仏仏

7 :千影:04/01/14 00:32 ID:80alIuW/
祝福の声が・・・・・・・

8 :◆7JzvfzvpNY :04/01/14 01:06 ID:sXQHaoWc
さあ、唱えろ、つみき。
もう死ねとは言わない。

9 :彷徨うリーマン ◆rnHellJ2Ek :04/01/14 01:07 ID:2/YGEKU9
え、前スレもあったとは・・・

10 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 01:09 ID:l3r2/7Vv
★2ちゃんねるオマンコ情報★★今がチャンス★
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=ero&vi=1073992166

11 :AROSEEKER:04/01/14 01:11 ID:csy7QeLN
http://webeumenides.at.infoseek.co.jp/index.htm
この辺の方向性って、間違ってる気がする。荒木亨だから詩、と行っても勝てるわけない、というのは別として、
結局、自分は何をすべきだと思ってるのが全然違ってた、という問題だと思うので。(講義で印象に残っているのは、
「ああいう人になりたいと思ってやってもだめです。絶対なれません」「何かひとつ外国語を使うのを続けること」
「資源の無駄だから自殺しろ」「寝っ転がってものを考えていても何にもなりません。本を読め」)アムロという名
前も比較文学の本から採ってきた形跡があり、シャア=荒木亨というのはたぶん間違いないと思うが。

12 :彷徨うリーマン ◆rnHellJ2Ek :04/01/14 01:13 ID:2/YGEKU9
最近、アロ見ないね。

13 :◆7JzvfzvpNY :04/01/14 01:19 ID:sXQHaoWc
つみきはここでメンリバ経を書き上げよ。

・・・バカマッチョアホキョーケンツミキメンリバキュースリスリ・・・

14 :チキータ ◆BananaB4ho :04/01/14 01:19 ID:oVpB04BG
つみきさんじゃ社会を変えられんw

15 :◆7JzvfzvpNY :04/01/14 10:06 ID:sXQHaoWc
つみきはここでメンリバ経を書き上げよ。

・・・バカマッチョアホキョーケンツミキメンリバキュースリスリ・・・

16 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 10:59 ID:MlAISBxg
つみきは今すぐ逝ってよし。

17 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 11:00 ID:2XZgPYsC
つみき内職でもしたら?
子持ちの主婦と競うの。真にメンリバ的生き様じゃね?

18 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 12:30 ID:FtlmUEQ0
内職する子持ししやもになりたいです

だれか結婚してください
心がひろく、好きにさせてくれる人


ロズ、フエラチオして
アナルセクスさせて

19 :◆7JzvfzvpNY :04/01/14 12:36 ID:sXQHaoWc
>>18
お経を書くときはageで♪

20 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 12:37 ID:FtlmUEQ0
関西に、
口の固い、エロくて、小金のあるつみきフアンいてないかな

21 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 12:40 ID:FtlmUEQ0
リアルで友達いないからつて、俺に粘着するな
飢えたゾンビよ

22 :謎のポエマー:04/01/14 12:50 ID:5F6rysXC
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。

23 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 12:56 ID:FtlmUEQ0
つみきのおちんちんを射精させるコース・・・5000円

つみきとキスするコース・・・5000円

つみきを抱き締めるコース・・・2000円

24 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 12:58 ID:FtlmUEQ0
つみきの一人エツチを見る・・・5000円

つみきとエツチする・・・20000円

25 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 13:04 ID:FtlmUEQ0
金儲ける方法ないかな
リブで

26 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 13:05 ID:sXQHaoWc
なんだか名スレになる予感・・・

27 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 13:13 ID:8YOhdGc+
九州大外科院長ナース採用セクハラ疑惑
38 :卵の名無しさん :03/12/17 16:16 ID:cw44rSXu
週刊新潮12月11日号57ページによると、杉町圭蔵先生が批難されてますねぇ
看護婦さんの新規採用試験の最終面接に健康診断を自ら行ったところ、
(以下引用)
「なんと上半身裸で院長の前に座らされ、胸をもまれ、背中を撫で回されたり、
ベッドに横になりスカートを下げさせられたり、上半身裸のまま診察室を歩い
てみるようにいわれたり・・・」
(引用終)
だったそうです。この健康診断を受けた看護婦さんが各マスコミに告発文を送
りつけているみたい。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1070927919/




28 :ボニータ ◆BONITAxK3I :04/01/14 13:41 ID:vNmi8l+Z
>>26
・・・は残念ながらないw。

29 :七色いんこ:04/01/14 13:47 ID:UAM/qWqn
なんだか名スレになる悪寒……

30 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 14:23 ID:sXQHaoWc
>>26は誤変換。
「なんだかなスレになる予感」のつもりだった。
なんだかな〜

31 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 17:24 ID:v4xj+gIT
非常なる人非人、
厨房オヤジ、アホ犬のレス


969 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/13 22:35 ID:AEqquAeG
親がなにを一番いやがるかと言えば、
アホとやりあうこと

犬のせいで、我が家はプチもめしまつ

俺だけじやなく、うちの両親にも迷惑をかけるとは、まつたく・・・(-_-)


970 :犬 ◆7JzvfzvpNY :04/01/13 23:02 ID:6EMmPnYa
>>969
親も●しちゃえばいいじゃん。
それから死ねよ。


971 :小悪魔?ローズ ◆wfDi2lA.pE :04/01/13 23:04 ID:ni4uuVHc
げえ〜〜〜〜犬コワ!!


【メンリブ紳士の宴@ホルモン焼き・42歳】2
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1070126560/969-971
から引用

32 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 17:25 ID:v4xj+gIT
非常なる人非人、
厨房オヤジ、アホ犬のレス

--------------------------------------------------------------------------------

969 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/13 22:35 ID:AEqquAeG
親がなにを一番いやがるかと言えば、
アホとやりあうこと

犬のせいで、我が家はプチもめしまつ

俺だけじやなく、うちの両親にも迷惑をかけるとは、まつたく・・・(-_-)


970 :犬 ◆7JzvfzvpNY :04/01/13 23:02 ID:6EMmPnYa
>>969
親も●しちゃえばいいじゃん。
それから死ねよ。


971 :小悪魔?ローズ ◆wfDi2lA.pE :04/01/13 23:04 ID:ni4uuVHc
げえ〜〜〜〜犬コワ!!


--------------------------------------------------------------------------------

【メンリブ紳士の宴@ホルモン焼き・42歳】2
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1070126560/969-971
から引用

33 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 17:33 ID:v4xj+gIT
■つみきの「網版★男性中心」
http://www56.tok2.com/home/tumiki/

■メンリブスレッド・リンク集 < つみきの「網版★男性中心」
 (男性差別反対・男性人権保護スレ リンク集)

 ・テーマ別分類(@男女板)
  http://www56.tok2.com/home/tumiki/_2_theme/_2_theme.html

 ・板別分類
  http://www56.tok2.com/home/tumiki/

■掲示板「つみきのメンリブ板」
 http://jbbs.shitaraba.com/news/273/

34 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 17:47 ID:sXQHaoWc
>>31-32
効いたみたいだな(w
sageるなよ。

35 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 18:08 ID:v4xj+gIT

=論理の補強
=キャベツ太郎
=近藤務
=丸々丸
=スネークなんとか

36 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 18:10 ID:v4xj+gIT
つみきのマジメな掲示板から

#メンリブ喫茶店# 雑談など【2】
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/news/273/1027230824/l100

37 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 18:11 ID:v4xj+gIT
test

38 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 18:12 ID:v4xj+gIT
なぜか。つながらんのよ・・・・、、

http://www56.tok2.com/home/tumiki/

39 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 18:34 ID:sXQHaoWc
>>35
犬=キャベツ太郎=近藤務
これだけ正解。


40 :丸々丸 ◆BqHTUDkuhU :04/01/14 18:40 ID:wYvmtN2S
>>35
>=丸々丸

そこに俺が入るとは思わんかった(w

41 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 18:47 ID:sXQHaoWc
http://jbbs.shitaraba.com/news/273/

42 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 20:49 ID:v4xj+gIT
i-mode用、メンリブ板 http://jbbs.shitaraba.com/bbs/i.cgi/news/273/
サイトもi-mode用、つくりたいな

43 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 20:51 ID:v4xj+gIT

=論理の補強
=キャベツ太郎
=近藤務
=スネーク北島

44 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 21:24 ID:sXQHaoWc
>>43
それが経文か(w

45 :丸々丸 ◆BqHTUDkuhU :04/01/14 21:24 ID:wYvmtN2S
>>43
お、俺が抜けた(w
まさか本気で間違えた訳じゃないですよね。

46 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 22:32 ID:sXQHaoWc
つみき、読経の時間だぞ。

47 :ギィ ◆4FMangA47. :04/01/14 22:35 ID:QRX9fJUV
母ちゃんは人当たりが良く誰にでも相談に乗ってあげるので
新興宗教にはまった暇な主婦の毒牙によくかかる。。
で、真如苑にはまった主婦にあなたの旦那様やひいてはご先祖様の
供養もちゃんとしなきゃダメよって言われて一時期、挙げていたお経。。

ブッチャンサラナンガッチャーミー、トーテヤンピー

母ちゃんが凄く怖かった。。

48 :青菜@西尾 ◆AKUMAl5GUU :04/01/14 22:43 ID:/wZQI68Q
それってばサンスクリット語で

ブッチャン=私の
サラナンガッ=家族の
チャーミー=命
トーテヤン=差し上げます
ピー=あなたに

だよ。ご愁傷様。

49 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 22:46 ID:FtlmUEQ0
西尾、
自演バカのガキオヤジ補強犬と勝負しろ

50 :ギィ ◆4FMangA47. :04/01/14 22:47 ID:QRX9fJUV
>>48
スゲー、ワラタ。。
や、ともかく今母ちゃんを狙ってるのはエホバの証人。。
2週間に一回くらいの割合で我が家にやって来て目覚めよ!とかを置いていきます。。
悪魔が読むと目が腐るそうです。。
気をつけて!

51 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/14 22:59 ID:sXQHaoWc
>>49
禿げ対決かよ(w

52 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 22:59 ID:Fkf1skQ7
つみきさんって「敷居の住人」って漫画のみどりちゃんのイメージ

53 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 23:09 ID:FtlmUEQ0
つみきは男だよ

それ雑誌か出版社教えてよ
検索ででてくるのかな


君は、ちよじじやあるまいな?

54 :これがまんこの実態だ!参ったか!:04/01/14 23:10 ID:0OmCTsfQ
オンナに自らの不浄さを自覚させましょう。

女のまんこに付着しているものは
1.オシッコ
2.ウンコ
3.オリモノ
4.生理の出血
5.分泌腺の分泌物
等であり、これらにより不潔きわまりない状態である。

さらに、まんこは
1.温度
2.湿度
3.風通しの悪さ
4.様々な付着物
等によって、細菌が繁殖するのに絶好の環境となっているのである。
これら細菌の分解産物によってマンコは人間の体で最も
臭い場所となっているのである。



55 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/14 23:13 ID:Fkf1skQ7
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%DF%B5%EF%A4%CE%BD%BB%BF%CD

シンプルな説明でいいや。ちよじさんではありませぬ。

56 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/14 23:14 ID:FtlmUEQ0
ありがとおおおお!!!
明日起きたら見ますm(._.)m

57 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 08:03 ID:KLrwsplg

近藤を無視リストに//

58 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 10:27 ID:IK/nC0TJ
ありがと、見させていただきました。
&検索しますた


みどりちゃんってのは、主人公のちあきという男子のこと?
多少検索したのだが、みどりという名前が、でてこない、、、

もしそうなら、
http://www.sunmusic.co.jp/index2/book/bookosusume/31-60/36.html
つみき=
>アイドル系のルックスでモテモテな彼だけど、
ウフフ!!

なんてね、、、、
整形してみてぇな (-_-)

(安藤の顔を見たいな〜)

59 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 10:28 ID:IK/nC0TJ
敷居の住人の、、、


簡単な説明
 http://members.at.infoseek.co.jp/airout/about.html


分析
 http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/sikii-no-junin.html
こっち、けっこう面白い

>恋愛を偽装した自己愛を投げつけてくる
女どもって多いよね、確かに
そのへんのマグロ女が、ふつうにコレだよ

60 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 10:31 ID:IK/nC0TJ
つか、つみきは、こんな若者じゃありません

ネット上だと若いと思われてしまうような、
困ったオッチャンでつ
42歳

61 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 10:36 ID:IK/nC0TJ
敷居の解説 追加
http://www.h2.dion.ne.jp/~hkm_yawa/kansou/shikiinojuunin.html

「敷居の住人」
志村貴子
エンターブレイン ビームコミックス全7巻

か・・・

ちょびっと読んでみようかな

でも、

『どうにかなる日々』
『放浪息子』
『ラヴ・バズ』
『午後の恐竜』

なんかのほうが、面白いらしいよ
「敷居」の1巻から読むと、つまんなくて挫折してしまうらしい。
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/sikii-no-junin.html 参照)

62 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 11:03 ID:IK/nC0TJ
敷居
http://get-in-the-ring.hp.infoseek.co.jp/write/comic.htm
http://homepage2.nifty.com/Su-su/wakaba/comic/sc021227.htm
http://www.mangaoh.co.jp/topic/simura.php

作者のインタビュー
http://www.walkerplus.com/tokyo/20030819/bo1579_pkup.html

http://snow-man.cc/sakigake/manga/sikii.htm

ぜんぜん知らなかったけどさ、
こんなマンガ、みんなはどこから見つけてくるのかね
ギィは読んだことあるのかな
君たちヲタクの人生は、豊かでいいですなぁ

63 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/15 17:56 ID:TeO5cV6g
>>60
無理するなよ、新成人、
単におれより年上ってことにしたいだけだろ(w

64 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 22:21 ID:KLrwsplg
ナムアミダブツ



弖←この漢字なんかへん

65 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 22:25 ID:KLrwsplg
いや、ふつうに42だし

年上つて、犬もおないでしょ?
おかしいな
もつと若いの?ほんとは
30代後半とか?

66 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/15 22:29 ID:KLrwsplg
つみきは年齢にはこだわらないからね

年上にしても意味はないよ

67 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/16 00:38 ID:RGxuqGAz
>60
彼は結構普通に捻くれてる少年なのですけれども、
なんとなく、メンタリティが似てるような気がします。

放浪息子はジェンダーフリーです。たぶん。

68 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/16 11:46 ID:i3qoiIJm
南無阿弥陀仏 つみき

69 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/16 12:40 ID:RFNtzF06
今日は、俳人のサイトに言ってみますた

でも、なんで俳人にホスト(?)がばれたんだろ。。
ホストの意味もわからんが・・・

ありゃ、凄腕ハカーだな・・・
油断ならん・・・


>>67
暇があったら、本屋で見てみまつ

70 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/16 12:41 ID:RFNtzF06
俺は、見たことがあるんだ

俳人は、男女板に広告コピペしてる業者の、
なんか情報(会社名とか、名前とか)をさらしてるのを!

なんで2ちゃんの管理者でもないのに、
そんな情報がわかるんだろうか・・・

IDから分かるのか??

ありゃ、凄腕ハカーだな・・・

71 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/16 23:21 ID:wpExN9AF
さなぎ倶楽部

72 :ギィ ◆4FMangA47. :04/01/17 00:45 ID:X7Hm0WlM
えー、あんなん誰でも解るよ?
WHOISするだけでしょ?

73 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/17 08:21 ID:v4GIW3z2
そういや、その業者広告のときに、
俺が「すごーい!」つて言ったら、
俳人さんが、そのフーイズつていうののアドレスを貼ってくれたんだよね、たしか

でも、いまいち良くわからんかつた・・・
アイディーを入力してやるんかな

74 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/17 14:06 ID:v4GIW3z2
敷居描いてる志村のマンガ探したけどなかつた

また時間があれば別の店も探してみます

75 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/17 14:06 ID:v4GIW3z2
敷居描いてる志村のマンガ探したけどなかつた

また時間があれば別の店も探してみます

76 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/18 00:44 ID:yMVGtLTq
whois
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=WHOIS&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

77 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/20 01:39 ID:R4I48bAg
お経どーぞ!

78 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/20 14:41 ID:R4I48bAg
【近藤務=犬】が、オフでにQに【セクハラ】!!
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1074572757/l50

79 :七色いんこ:04/01/20 17:12 ID:y7nyrRVM
お経を唱えたいなら唱えれば良いよ。


80 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/20 17:13 ID:R4I48bAg
>>79
処女>中古
これを唱えるんだな。

81 :七色いんこ:04/01/20 17:13 ID:y7nyrRVM
子供は無償で愛さなければならない。

82 :七色いんこ:04/01/20 17:16 ID:y7nyrRVM
七色いんこ荒らしすぎw


83 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/22 04:26 ID:sqO8i/xp
嘘ついてばかりだからみんな消えていくんだよ。
しかも求めてばかりで与えようとしない

84 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/22 15:43 ID:fV8y3adr
お経をどうぞ。

85 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/23 07:47 ID:mMyFZRw3
子供がほしい・・・
子育てしたいな

86 :ボニータ ◆BONITAxK3I :04/01/23 12:05 ID:WKtYabOR
>>85
(笑)。。

87 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/23 13:35 ID:rG/FQdES
>>85
いきなり切実な感じだな・・・
男の子だったらメンリバに育てるのだろうが、
女の子だったらどう育てる?

88 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/23 17:35 ID:cYxMtpOU
な〜んま〜いだ〜あ、ち〜ん♪!!

>>86
ボニよりは、素敵な奥さんになるよ

>>87
おろすね!(嘘
そうだなー、穴に棒でもつっこんでみるかな

ていうかね、
マジレス、女だったら変に感情移入しそうで困るよな!
男だったら、そんなこともないんだろうけどさ

何歳くらいから、可愛くなくなってくるんだろ
かわいい子供であってほしいなあ
楽しみだな〜

89 :丸々丸 ◆BqHTUDkuhU :04/01/23 17:44 ID:HM1fqVwd
>>88
>何歳くらいから、可愛くなくなってくるんだろ

個人差によると思うけど3ヶ月位からハッキリと意思表示を始めるから
そこからメキメキ可愛くなってきますねw

まぁ、嫁にとっては可愛いのは腹にいる時からなんでしょうけどw

90 :tu:04/01/23 19:13 ID:cYxMtpOU
>>丸
なるほろ〜

まあ、おれの書いてたのは、
>何歳くらいから、可愛く"なくなって"くるんだろ
だけどね!

91 :丸々丸 ◆BqHTUDkuhU :04/01/23 19:15 ID:HM1fqVwd
やべw 素で読み間違えたw

92 :積木 ◆wcmFRN81CA :04/01/24 16:12 ID:WSfy3XQ7
http://paintbbs.hp.infoseek.co.jp/slge/flash/frame01.swf

93 :丸々丸 ◆BqHTUDkuhU :04/01/24 19:45 ID:awV+h0mt
>>92
女の子だったら、そうしたい訳だw

94 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/24 21:03 ID:qluTcToX
つみき和尚、お経をどうぞ。

ちなみにおれは満40歳。
一昨年あたりから40とか言ってたけど、実はなったばかり。
君は自称42歳だったよな。混同するなよ(w

95 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/25 11:43 ID:xJGM9Dvr
http://www.greengrape.net/2000_romanesque/41_david.JPG

>>93
ちがうよ!

>>94
そっか、2個下か・・・
お互い、高齢ヒキとしてがんばろうじゃないか

96 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/25 11:55 ID:Kxv5x3ql
>>95
君はつみき本人か?
名無しで書き込むときは「つみきだ」とか一言書いてほしいものだ。
君は20歳だと思っているが、まあ年齢はどうでもよいな。
同世代だとしてもそれらしい話はできそうにもない。
ほとんど自宅で仕事しているから、まめに顧客回りでもしないと
引き篭もりと思われるかもしれんなあ、おれもたしかに(w
不況でどこも人減らしで、長々と商談できる時代ではなくなった。
あいさつして資料渡したら「あとはメールで」なんてのが当たり前。
ヒキ度?はますます高まる(w

97 :名無しさん 〜君の性差〜:04/01/25 12:23 ID:xJGM9Dvr
t

98 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/25 12:55 ID:Kxv5x3ql
>>97
tsumikiの"t"か?
署名だけで本文は無いの?(w

99 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/25 21:09 ID:Kxv5x3ql
つみき和尚、お経をどうぞ。

100 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 15:30 ID:R8e5RCpi
つみき和尚、101にてお経をどうぞ。

101 :つみき@肉骨粉:04/01/26 20:23 ID:cHVKgEcD
ひきこもりは、ヒマそうだな!

102 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 20:40 ID:R8e5RCpi
>>101
君がそう思うのは、君がひきこもりではないからだよ。

103 :つみき@肉骨粉:04/01/26 20:48 ID:cHVKgEcD
近藤と俺は、ヒキ仲間!

>>102
ん?

104 :つみき@肉骨粉:04/01/26 20:49 ID:cHVKgEcD
42のヒキは、そんなに珍しいのだろうか・・・?

105 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 21:13 ID:R8e5RCpi
>>103
おれはひきこもりではないよ。
君もひきこもりではないとおれは思っている。
>>104
珍しくないと思うが、君は42歳ではなくひきこもりでもないとおれは思っている。

106 :つみき@肉骨粉:04/01/26 21:44 ID:cHVKgEcD
なにを根拠に?w

ヒキコモリなんだけどねぇ
ま、いいけどさー

107 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 21:55 ID:R8e5RCpi
>>106
確たる根拠はないけどね。書き込みから受けた印象でそう思ってるだけ。

108 :つみき@肉骨粉:04/01/26 21:57 ID:cHVKgEcD
>>107
つか、メッセの声で判断してんでしょ??

声はたしかに若いって言われたことあるよ、うん

109 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 22:04 ID:R8e5RCpi
>>108
君の声を聞いたことはないよ。
メッセというものもやったことがない。

110 :つみき@肉骨粉:04/01/26 22:19 ID:cHVKgEcD
>>109
またまたぁ〜w

補強の名前でやったでしょっ!
たくぅー

111 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/26 22:21 ID:R8e5RCpi
>>110
やってないよ。

112 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/27 09:07 ID:F+wDMAX7
つみき和尚、朝の読経をどうぞ。

113 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/27 09:25 ID:F+wDMAX7
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1074537343/484
484 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/01/27 09:15 ID:aOP6ONI8
>犬、
>一人何役もやつて、
>自我じさん、自分の意見に賛同すれば、
>説得力がつくと思つてるのか?
思っていない。匿名掲示板でそんなのは無理。だからやらないよ。
一コテを通して主張してこそおもしろいんじゃん。

114 :論理.の補強:04/01/30 01:02 ID:hAmBGBTa
住職死んだようだな。

115 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/31 11:36 ID:/s4AXfpR
月見さん、お経をどうぞ。

116 :小悪魔♥ローズ ◆wfDi2lA.pE :04/01/31 13:39 ID:CtFBkhwk
今引きこもりの主婦なの〜〜〜〜
お腹すいたのに外出する気力もないの〜〜〜〜


117 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/01/31 22:16 ID:/s4AXfpR
名無しさん、お経をどうぞ。

118 :つみき@癒しタイム:04/02/01 01:25 ID:JDV+yOv2
おっぱい*2
http://www.mx-style.com/photo_bbs/photojoy/6871khg/1075145758320.jpg
http://www.mx-style.com/photo_bbs/photojoy/6871khg/1075187782940.jpg

119 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/01 01:54 ID:rCWxhNXb
読経上げ。

120 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/05 00:57 ID:S1gW0z5h
バカマッチョ話はここでするべ。

121 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/05 01:00 ID:sAafbLvv
つみきでつ。

犬ってさ、本当は資産家生まれで、無職のオッチャンなんでしょ

それとも、リストラ組?

122 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/05 01:10 ID:S1gW0z5h
>>121
リストラされて独立したんだよ。
父親はノンキャリ国家公務員、母親は専業主婦だったから子供時代は貧しかった。
今でも親にたいした資産はない。妻の親も同様。
無職だった時期は人生で2回あったよ。
どちらもいい意味での転機になったけどね。

123 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/05 02:03 ID:AWun4xrq
てす

124 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/05 02:04 ID:AWun4xrq
なぜかモツスレに書き込めない・・・

125 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/05 02:05 ID:lTV4Nj0f
>>124
テメーも糞スレあげるな。

126 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/05 17:49 ID:S1gW0z5h
つみきって24歳らしいな。

127 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/06 11:17 ID:N2LGIzbY
時の人、つみき

128 :Princess (-_-)Scrounge ◆DarkXwUdT2 :04/02/06 12:10 ID:6cgbfYbP
>>126
誰がそんなことを…

129 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/07 18:54 ID:8E/1nYH4
すっかりメンリブ活動をやめてしまったように見受けられる
つみき和尚、読経をどうぞ。

130 :松浦亜弥@つみき:04/02/07 18:57 ID:b/fO73lx
なぁ〜むぅ〜

131 :松浦亜弥@つみき:04/02/07 19:00 ID:b/fO73lx
こんばんわ☆
松浦亜弥こと、つみきです♪

2月4日に、dvd、「松浦亜弥コンサートツアー 2003
秋 〜あややヒットパレード!〜」が発売されました!!
ライブに来てくれた人も、来れなかった人も、
みなさん、是非、見てでくださいね♪♪


>>127
時をかけるつみき!

132 :松浦亜弥@つみき:04/02/07 19:05 ID:b/fO73lx
>>126-128
単に、42をひっくり返しただけだろ

133 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/02/08 17:18 ID:tqiisqKs
なんか男女板過去ログ@みみずん
http://mimizun.com:81/2chlog/gender/tako.2ch.net/gender/dat/index.html

134 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/09 14:23 ID:JS18KPu8
読経はこちらで。

135 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/10 23:13 ID:LevLj99G
つみき和尚、読経をどうぞ。

この調子で2年半くらいもちそうだな。

136 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/12 20:46 ID:8x40KL3R
この画面の取り扱いには、HTMLの知識およびJBBS特殊タグの知識を必要とします。
取り扱いを誤った場合は「スレッドが表示されない」「スレッドが壊れる」
「ページが壊れる」「管理者メニューに入れない」などの不具合が発生することがあります。
上記の不具合が発生した場合は、以下のアドレスよりログインし、誤った設定を解除してください。
緊急用ログインアドレス(カスタムを行う前にメモを取ることを推奨いたします):
http://jbbs.shitaraba.com/news/admin.html

137 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/12 21:32 ID:t9kigTex
一個で長寿スレの予感(w

138 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/12 23:29 ID:t9kigTex
板自治を諦め、メンリブもすっかり下火。
おれが論理の補強であり、しこしこマンであると主張することが、
この板での最後の生きがいになったようだな、つみき(w
おれが論理の補強であり、しこしこマンであったとしたら、その先どうする?
粘着罵倒しかできないだろうね。
それ以上やらかしたらヒキコモリじゃないってバレちゃうもんな(w

139 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/12 23:31 ID:8x40KL3R
>それ以上やらかしたらヒキコモリじゃないってバレちゃうもんな(w
意味わからん・・・

>>137
それもわからん

140 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/12 23:39 ID:t9kigTex
>>139
わからなくてもおれの知ったこっちゃないね(w

141 :つみき:04/02/12 23:47 ID:8x40KL3R
意味わからんことばっか書くなー

142 :ゆ? ◆RmDQN/V/.. :04/02/12 23:50 ID:hrEMgixD
( ・_・) なんかほのぼの

143 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/12 23:58 ID:t9kigTex
>>141
お経書けよ。

144 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/02/13 11:56 ID:uqr+Kcit

「お風呂で、まぜご飯」

お風呂で、まぜご飯
有名になつたあかつきには

春どきは皆、マスクしてる
マスクして自転車のる主婦ども
色とりどりの安物の服
意外と高い服着て行き交う
ママチャリの人生


我、待ちくたびれて
息のみだれる
のびちぢみするへのこに導かれて

野望とは、うらはらに
眠り、眠り、夢のなか
風呂のなか
ただ安らかに、まぜご飯いただく

145 :ぶにぶに(今日もとりっぷ忘れちゃったの。。):04/02/13 12:00 ID:B9h+VPv4
>風呂のなか
>ただ安らかに、まぜご飯いただく

ワロタ
つみきには新聞の4コマ漫画のようなひとこまが良く似合う。。

146 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/02/13 12:57 ID:uqr+Kcit
そういう夢を見たんだよね(^o^)

147 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/02/13 13:01 ID:uqr+Kcit
新聞の4コマっての、微妙でいいねー
でも、4コマでもいろいろあるよね
新聞のしりあがり寿、あれ分からん

やつぱのほほんとしたのがいいよ
ペエスケとか

148 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/13 22:13 ID:W9aqV6h1
【つみき】です。

おねだりエックス、
「お台場スーサイド」コピペして〜
どのスレにあったか、わからんようなった・・

149 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/13 23:18 ID:eAbZGrOj
>>147
eeeeeee〜
あれ最高じゃん。いつも楽しみにしてます。

150 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/14 00:43 ID:+o2JlWnC
こんにちわ〜、最近2chにきた♀でーす。
つみきさんて、なんかインテリ左翼の雰囲気がありますよね。
もし社会主義系のことに詳しいんでしたら、一つ教えて欲しいんです。

マルクス、レーニン、スターリン、トロツキー、毛沢東、カストロ
と主だった思想家や指導者は皆さん男性ばかりですよね。あたしが
無知なだけかもしれませんが。女性は社会主義ではリーダーに成れないん
でしょうか?


151 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/14 11:19 ID:Xz5fSmeV
つみき和尚、「=」のたくさん付いたお経をどうぞ。

152 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/14 11:29 ID:Xz5fSmeV
さて、脳内家族と出かけるぞ。

153 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/14 11:30 ID:HV1yARST
>>149
そお?
しりあがり寿という人選はオモシロイけど、マンガじたい面白いと思えん〜・・・
あんなマンガなら、なくていいくらい
やっぱ、毎日描くってのはムヅカシイのかな

>>151
あたまわるい=近藤務=ちっぽけ==近藤務=ひっし

しね!

>150
ネ=カ=マ

154 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/14 11:31 ID:HV1yARST
ああ、旦那より料理のヘタな嫁かw

155 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/14 20:49 ID:Xz5fSmeV
今日は脳内家族とともにおれの本厄のお払いを日枝神社(結婚式を挙げたところ)で済ませ、
文京区内のビストロでディナー。メインはアマダイと鴨。腹いっぱい。

>>154
誤爆?(w

156 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/14 22:50 ID:Xz5fSmeV
さてと、
板自治もメンリブも捨てた、女性に優しいつみき和尚、お経をどうぞ。

157 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/14 23:52 ID:+o2JlWnC
>>156
つーことは、左翼末端工作員としての役目をクビになったということか。(;_;

158 :AROSEEKER:04/02/15 02:35 ID:6jhnrE/5
Lost Melodies 奥井亜紀

夢をみた 光の中 無邪気にこぼれた笑顔 Lost Melodies 小さくなる 心のそら

ひとり暮らしの 帰り道 都会の夜は 空がくれない
部屋に戻り 灯りをつける だけど心は 凍えそうで
ふるさとの家のぬくもりが うすれていく 幼い帰り道の唄が 思い出せない
傷つかず 傷つけもせず かなわぬ夢を抱え Lost Melodies 歌えなくて 閉ざした声

列車の窓 風を越えて おいてきぼりの 流れる雲
便利になったと人は言う 時間がないと人は言う
ラッシュの人ごみにのまれて 流れていく いたわりあう気持ちを運ぶ すきまもない
呼吸もできず あえぐように みえない海を目指し Lost Melodies 泳ぎ方を 忘れたサカナ

ダンボールが 子猫の家 街じゃ命も 捨てられる
えさを与える 人もみな 連れて帰る 家はない
打たれた雨に噛みつくような 鳴き声は もっとかわいく鳴けたはずの 祈りの歌
あやまること ただ 泣くこと 他には何もできず Lost Melodies かき消された 涙の街

貧しい国の 映像が ブラウン管で 流れてる
時がくれば 終わりの文字 現実はまだ 闘いつづけてる
幸せかとたずねられても うなづけない 教会のチャイム 銃声と 重なり合う
飛びたてず 燃えつきもせず 鉛の翼 背負い Lost Melodies 羽ばたけると 信じた空

それでも まだ 信じている 同じ空みあげた 和音 Lost Melodies さがしつづける 心の音

159 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/15 19:02 ID:ybML2o0Y
33 :課長しこしこマン ◆FUCKERG7VE :04/02/14 19:17 ID:VFD8EucV
DJ: t.U.M.i ki ”萌えないゴミ”

童貞ハナクソ     社会のゴミ
生きてる価値無し  日本のゴミ
外は晴れてる    みんなの国
中でひきこもる    社会のゴミ

*ちぇーきらちょー つみきの馬鹿
 ちぇーきらちょー つみきの馬鹿

なまぬるいひだまりで世界を描く
俺以外全部が能無し野郎で
世界に冠たる天才の俺だけが
明日を確かにつかんだパースペクティブ
俺が思えば 世界が動く、
俺がむかつけば人が消えて
街角に佇む景色の一欠けら
一つ一つ実は俺の為にある。

*(repeat)

俺以外全部が余計なことばかり
目先の欲を満たすことばかり
俺だけができる俺の仕事は
この陽だまりで描く世界の行方
ハナクソ野郎だった俺でも
密室の楽園で神様きどり
童貞ハナクソ社会のゴミ
ひきこもりの俺様の楽園のオリ

* (repeat)

160 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/15 19:03 ID:ybML2o0Y
32 :課長しこしこマン ◆FUCKERG7VE :04/02/14 19:11 ID:VFD8EucV
「つみきのばか」 作詞・作曲:しこしこまん

D A
つみきのばかーはひきこもり
A D
がっこういかずにへやのなか
G         Bm
どうていほうけいやくたたず
A         D
しちりんぱたぱたへやのなか
(*)
A          B
つみきのばーかーつみきのばーかー
C# A       D
つみきのばーかーはやくしね。

(せりふ)
おかーさん、ぜんぶお前がわるいんだよ俺がこんなになったのは
俺は悪くないんだよ。世間も悪いし、女もわるい。だからおれは
世界をかえようとメンリブになったんだよ。だからおかあさん心配
するなよ。おれがいつか2chで世界をかえて、そしたらぼくは定職につくよ。

(*) repeat

161 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/15 19:04 ID:ybML2o0Y
835 :課長しこしこマン ◆FUCKERG7VE :04/02/15 00:13 ID:9H35lbrP
↓つみきのうた。
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1076738722/32/
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1076738722/33/

俺の肉声で吹き込めないのでボコーダーつかおうか検討中。
ボコーダーが厳しい場合は、人工音声つかうわ。


842 :〜|┃|┃|┃|(ミ゚ш゚)ミ ◆xohTayLADY :04/02/15 00:24 ID:NS0v/7aE
>>835
課長!!!!
語りの部分のことぶにぶにも考えていました!!
つみきの生声で語らせたファイルを課長に送らせ、重ね合わせることは
できるのでしょうか!!
できれば鼻づまりの無気力な声をマイクで拾いたいのですが!!

162 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/15 19:05 ID:ybML2o0Y
>鼻づまりの無気力な声
つみきの声、聞いたことあるような言い方だな!

163 :近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/16 12:03 ID:aCp6h1rY
板自治もメンリブも捨て、好きなコテをほめ嫌いなコテを叩くだけになったつみき、
経でも唱えてろ。

164 :漂泊う近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/18 22:39 ID:Esa7cxLM
42歳無職引きこもりのつみき、経唱えろ。

165 :漂泊う近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/19 12:31 ID:XPD+ovm1
42歳無職引きこもりのつみき、経唱えろ。

166 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/21 07:30 ID:HQ/gAGWc
自動メンリブシステム

167 :名無しさん 〜君の性差〜:04/02/21 08:19 ID:HQ/gAGWc
自分のほぼ全ての発言を「はてなダイアリー」に掲載する

過去ログ倉庫に載せるスレ、リストアップする
メンリブをテーマに、あらゆるサイトをつなげる

ファッションのページを充実させる
つみき@メンズリブ

今年のテーマを、はてなトップのヘッダかフツタに載せる

ちょ

168 :エンバ大王@近藤務 ◆ULALBB./DY :04/02/21 08:27 ID:fdTbEOhR
ちょ

169 :つみき ◆wcmFRN81CA :04/02/22 12:22 ID:eo4XTDnm
イエイ☆

170 :◆ULALBB./DY :04/02/23 13:30 ID:WVBEDShq
自治もメンリブも諦め、
犬=補強しか言うことがなくなってしまったつみきさん、
お経を唱えましょう、
アホキョーケン〜アホキョーケン♪と(w

171 :近藤務@犬 ◆ULALBB./DY :04/02/29 23:25 ID:bW/hZgsF
つみきが忌み嫌っている犬がまたこのスレを上げます。
つみき、読経しなさい。

172 :ジョニー・ゲップ@近藤務犬 ◆ULALBB./DY :04/03/02 01:04 ID:nKpqPtiX
つみき、読経しろ。
賽銭くれてやる。

173 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/02 01:37 ID:owNCCvxQ
http://d.hatena.ne.jp/tumiki/

174 :ジョニー・ゲップ@近藤務犬 ◆ULALBB./DY :04/03/02 11:51 ID:nKpqPtiX
【つみき】ってほんとうにくだらない、つまらないやつだな。

175 :ジョニー・ゲップ@近藤務犬 ◆ULALBB./DY :04/03/02 11:52 ID:nKpqPtiX
つみき、読経しろ。
アホキョーケン〜アホキョーケン♪と(w
賽銭くれてやる。

176 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/02 11:57 ID:8YebF4+J
つみきはコテの中でもダントツに頭が悪い。
中卒のQにも劣る。

177 :ジョニー・ゲップ@近藤務犬 ◆ULALBB./DY :04/03/02 15:44 ID:nKpqPtiX
ヴワカつみきはメンリバだなんてぶっこいていながら、
気に入らない男をバカマッチョ、気に入らない女をフェミゾンだといって罵るばかり。
そんじゃあ男はどうすりゃいいってんだい?女はどうすりゃいいってんだい?とたずねても
何も返ってこない。
単なるヴワカなのに、ヒキコモリだからと嘘をついて逃げてるんじゃねえの?
ヴワカつみきよ、ヒキコモリなら24時間板に張り付いて書き込んでろよ。
それがヒキコモリの証しなんだろう?
おまえがアホキョーケンと呼んでるヒキコモリコテと同じようにやってみろよ(w

178 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/02 17:37 ID:PqpTQPz1
今日の読経でございます。
http://d.hatena.ne.jp/tumiki/

179 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/02 17:52 ID:PqpTQPz1
わんこなって、だれ??


男性を幸福にしない日本というシステム
この国は、オカシイ!
みんなで男性差別に反対しようぜ!!
君が動けば、日本は変わる
みんなで動けば、日本は変わる!!!

180 :わんこなショッピング:04/03/02 17:57 ID:oX9LU9ts
やっぱり女は全員肉奴隷だよな。きみらもそう思うだろ?     

181 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/02 18:03 ID:PqpTQPz1
君は、そのテの思想だったのかww
君たちの意図がわからないよ

あんなに金のかかる奴隷はいないよ
女性は、肉体という資産を持つ貴族であり、
バカマッチョこそ、その資産のために、へーこら働く奴隷だと思うよ

182 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:16 ID:LlCUm7vx
【つみき】

犬、シコマン、ちょっとは勉強しておいで

社会学 http://academy2.2ch.net/sociology/
哲学 http://academy2.2ch.net/philo/

おまえらアホすぎて話にならん

183 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:17 ID:LlCUm7vx
↓ゲラゲラゲラ  バカは、バカなんだから、普通に認めればいいじゃん

173 :課長しこしこマン ◆FUCKERG7VE :04/03/04 12:15 ID:OLFeF9Xb
>>172
いい年こいてひきこもりやってるおじさんが、他人に馬鹿とかこいてんなよ、カス。

http://love2.2ch.net/test/read.cgi/gender/1073408633/l50

184 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:18 ID:LlCUm7vx
【つみき】
俺はカス、
課長はバカ、
じゃあこれでいいな?

おまえは往生際が悪いんだよ

185 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:20 ID:LlCUm7vx
俺は、40にもなって引きこもってるって認めてるだろ

おまえも、働くしか脳のないアホだって認めろよ
専門バカだって、認めろよ

往生際わるいぞ、
ごまかし逃げのシコマン

186 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:21 ID:LlCUm7vx
人のことが気になるほど、
自分が納得する生き方できてなくて、
アホなくせに、それを認められないほど、
不当なプライドを持った、勘違い高学歴男

187 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 12:22 ID:LlCUm7vx
312 :課長しこしこマン ◆FUCKERG7VE :04/03/04 12:21 ID:OLFeF9Xb
>>308
 経験の裏打ちの無い勉強しても何の役にもたたん。通信教育講座空手と同じだ。

↑アホだこいつ、
哲学のテの字も知らないくせに、
そんな批判が有効なわけないだろ

ものを知らないくせに、検討ちがいな否定して、
バカとしかいいようがないなwwww

皿洗いしてろよ、小僧

188 :名無しさん 〜君の性差〜:04/03/04 14:01 ID:WQpZTaek
50 : ◆HrQxI46Ofc :04/03/04 00:35 ID:BNeajVtC
セクハラの件だが、犬が終わったら報告するとか書いてたが、報告してないみたいなので
報告。

犬が慰藉料を払い、謝罪文を内容証明郵便で郵送し、
これから1年間、毎月反省文を送付するということで終わりました。

慰藉料は受領済み、謝罪文も受領済み。
反省文はこれから毎月、月末送付。

あと補強が名誉毀損だの慰藉料だのいまだに
ほざいてますが、訴える訴える言ってて訴えなかったり、
親のとこに行くとか書いてるとそれだけで脅迫になります。

訴えると言ったからには訴えて下さい。
そのまま逃げるならそれは脅迫罪です。

102 : ◆HrQxI46Ofc :04/03/04 01:08 ID:BNeajVtC
嫌がらせー?

早く言えよ。犬の報告なら良くてあたしの報告だとダメな根拠を。

犬の報告なら犬に都合よく書けるからだよな?

解決したならしたで、どういう経緯で解決したか書くだろ、普通。
慰藉料や謝罪文送ったのは恥じなのか?
むしろちゃんとしたってことじゃないの?

バラされたくなかったのかねぇ。

犬、死んだらしいね・・・・
ハゲ・・・・いやつみき和尚お経キボンヌ

189 :つみき:04/03/04 17:56 ID:LlCUm7vx
>犬、死んだらしいね・・・・
犬、今回のことで多少懲りたみたいね
さすがにおとなしくなったな

夫婦ともども

190 :魔性の女♥ローズ ◆42.195kmAM :04/03/09 22:56 ID:p2HosM7F
>>189
つみきちゃん。。。ここ数日乙!!誰にくってかかってたか知らんけどな〜〜

191 :AROSEEKER:04/03/13 03:00 ID:O3tAx9u1
グレゴリー・クラークの言うとおり、語学にはディープリスニングしかないという
のは正しいだろう。だが、よく考えてみるに、これは英語の通信教育コースが昔か
らやってきたことと同じなのだ。英語教育の身体論的方法、その限界は、「太極拳
をやってる人がなんとなく間抜けに見えてしまう」という、無理にやっても、当事者
と見物人に別れた状態を加速するだけではないかという疑惑。なぜ英語が出来るよう
になる必要があるのか?身近に会話の必要な相手を持っているわけでもない人が。そ
れは、インターネットでは、英語圏の情報はただで豊富にころがっているものを食べ
るためである。遠隔学習用の英語能力。それは目的もなくやっても無意味なのか?遠
隔で学習できる事項には限界がある。そもそも語学自体、遠隔学習にそぐわない最た
るものではないのか?英語学習を芸術化するという手は、今時はもうはやらない。と
いうことは、芸術でも語学そのものでもない、別の目的を持てない限り、英語リスニ
ングもやっても無駄ということではないか?単なる右脳の問題ではないのだ。

192 :AROSEEKER:04/03/28 13:51 ID:conWs523
 http://www.sharonisbin.com/travel.html
 電子ギターは持ち歩く価値があるだろう。もしあなたがギタリストならば。
 ノートやPDAを持ち歩く価値はどこにあるのか?無線でいつでもつながるから、という
のはかなりあやしい。プログラマ業界ですら、本当に必要なケースはそれほどない。

193 :つみき:04/04/08 12:22 ID:v4tSoBpD
↓きゅーに会いたい人はこっちにおいで
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/news/273/1079374382
【初スレ建て】Qの減量スレ【最近太り気味】

194 :名無しさん 〜君の性差〜:04/04/10 09:29 ID:rWHkFQvq
つみきあげ

195 :名無しさん 〜君の性差〜:04/04/10 16:08 ID:b2sJidkQ
age荒らしか。

196 :月 by 平塚武二:04/04/18 18:31 ID:QsnnAtOj
 アメリカのウィルソン山天文台の反射望遠鏡で月の写真をうつせぱ、月が、はっきりとうつるという。
 月のまわりには空気がない。空気がないから生物はいない。噴火したあとが三千三百(いまではかぞえ
きれないほど発見されている)ある。その最大なものは、直径が二百キロ(いまでは、もっと大きなものも発
見されている)である。
 地球から月までの距離は三十八万四千四百キロあることも、満月のあかるさは、太陽のあかるさの四十
六万五千分の一、だいたい十燭光の電燈を一メートルさきにおいたのとおなじだというようなことも、いまで
は、たいていのものが知っている。
 だから、月を見ても、われわれは、昔の人々が月を見たときとは、ちがった気持ちで見る。月の光には、人
を酔わせるふしぎな力があると、昔の詩人はうたったが、じっさいは、それほどふしぎな月の光ではない。
 それなら、われわれは、月を見ても、つまらないものだとしか思わないだろうか。昔の人々がしたように、
月に手をあわせておがみたいような気持ちになったり、月の光にてらされて、うっとりとしてしまったりはしな
いだろうか。
 ほんとうの月は、手をあわせておがむようなものではないとしても、望遠鏡でのぞいて見た月だけが、いち
ばんほんとうの月だとばかりは思えない。が、そんなことはどうでもいい。
 それよりも、今夜は月を見ようではないか。まったく、なんといい月夜だろう。じっと月を見ていると、いろい
ろな思い出がうかんでくる。思い出は、砂金のようにかがやき、深い海をおよいでいる魚のようにひらめきさ
る。月の光のながれにのって、心は、遠い昔にかえる。
 横浜のごみごみしたまずしい町で、私は生まれた。
(中略)
 ああ、そうだ。月といえば、私はすっかり月に見とれて、いろいろな思い出にひたりすぎてしまったようだ。
月の話をしょうと思いながら、つまらないことばかり書いてしまった。もしかすると、私は月の光に酔わされて、
ぼんやりしてしまったのだろう。しかし、月の光には、そんな力があるはずがない。月は、ありふれた星であ
る。月の光は、ただ太陽の光線を反射しているだけである。
 でも、月はいま、ごうごうとてらしている。

197 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:18 ID:N1/2+k3Y
「あのね、ばあや。」
「なんでございますか?」
「なにか、お話をしてちょうだい。」
「まあ、お話ですって?ばあやにでございますか?どんなお話を、いたすのでございますか?」
「どんなお話でもいいわ。」
「さあ、こまりましたねえ。ばあやは、おとぎばなしなどはぞんじませんですよ。」
「おとぎばなしでなくたっていいわ。どんなお話だっていいのよ。」
「どんなお話でも、よろしいのでございますか。」
「ええ、いいわ。わたし、おとぎばなしにあきちゃったの。だから、すこし、ほかのお話が聞きた
いの。」
「まあ、さようでございますか。それで、わたくしなどに、お話をしろとおっしゃるのでございま
すね。はい、はい、かしこまりました。では、わたくしが小さかったときのお話でもいたしまし
ょう。」
 さて、わたくしが六つで、妹が四つで、弟は三つでございました。わたくしが、いちばん年上で
ございましたので、そんなおちびさんのくせに、おねえちゃんと呼ばれておりましたが、妹と弟は、
ちゃんと、ほんとうの名で呼ばれませんで、妹のことはみっぷ、弟のことはちんちゃと、呼ばれて
おりました。かくべつ意味などはございません。むかし、わたくしどもがくらしておりました、東
京の裏町では、小さい子をそんなふうに呼んだものでございます。
 ちんちゃ、ともうしますのは、弟が、それはそれは、電車がすきで、いつも、窓の格子の棒につ
かまりながら、電車が走るまねばかりしておりましたからで、電車のことを、でんしゃともうせま
せんで、ちんちゃなんて、そうもうしておりましたからでございます。
 ちんちゃは、それはもう、たいそう電車の走るまねがじょうずでございました。はじめ、ガタン
とうごきだすところがら、それがだんだんはやくなりますところや、かどをまがりますところや、
トンネルの中をくぐっていったりしますところを、みんな、口まねでいたしました。とくに、トン
ネルを走るときのまねは、すばらしくじょうずで、じぶんでも、そこがいちばんすきらしく、声を
はりあげてやりました。

198 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:20 ID:N1/2+k3Y
 うぉん、うぉーん、わんざぁーん、うぉんうぉーん、わんざぁーん……と、だんだんはやくなっ
てきますと、こんどは、そのうぉーん、わんざぁーんのあいだに、だんだりぃ、でぃーだんだんと
いうひびきがはいります。もっと、電車がはやくなりますと、うーっと、うなりもまざります。
 ためしに、うぉん、うぉーん、わんざぁーん、うぉん、うぉーん。わんざぁーん、だんだりい、
でぃーだんだん、うーっと、つづけておっしゃってごらんなさいまし。ほんとうに、電車がトンネ
ルの中を走っていくような、ふしぎな感じがしてまいりますよ。
 まったく、小さい子のもうしておりますことは、ちょっと聞くと、でたらめのようでいて、その
くせ、ふしぎに、ほんとうの感じをいいあらわしているものでございますね。おとなになりますと、
ことばだけはきちんとしておりましても、ほんとうの感じをいうことが、へたになってしまいます
のは、どういうわけでございましょう。
 わたくしどもの家は、五軒長屋の、いちばん右のはしでございました。すぐ前にも、おなじよう
な長屋がありまして、長屋と長屋が、せまい道をはさんでむきあっておりました。わたくしの家の
おとなりは、建具屋さんで、そのおとなりは、たこ屋で、そのおとなりは、ふ屋(おつゆに入れて
食べるふをこしらえている家)で、いちばん左のはしは、菓子屋でございました。
 むかいがわの、わたくしの家とむきあっております家は、あんこ屋で、あんこ屋のとなりは、そ
ば屋で、そば屋のとなりは、。ペンキ屋で、ペンキ屋のとなりには、おばけやお屋がございました。
 おばけやお屋なんて、ずいぶんおかしなやお屋だとお思いでございましょうが、それは、そのや
お屋のおじさんがはたらきもので、毎日、夜になると、店で売れのこったやお屋ものを、荷車に積
みこんで、それをひっぱって、暗い横町でカンテラをとぼしながら、安く売っているからでござい
ます。夜になると、暗いところへ出てくる−−だから、おばけというわけでございます。

199 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:22 ID:N1/2+k3Y
 このおばけやお屋にかぎらず、そのころ、わたくしどもの町へまいりました物売りたちには、た
いてい、へんな名がついておりました。たとえば、毎朝やってくる、なっとう売りのおばあさんに
は、きんちゃくばあさんなどという名がついておりましたし、また、つくだ煮や、うずらまめを売
りにまいりましたおじいさんには、どんびりまめ屋などという名が、ついておりました。
 きんちゃくばあさんともうしますのは、そのおばあさんが、ふろしきをかぶったように、おこそ
ずきんというずきんをかぶって、首に赤いえりまきをしておりましたからで、首のところを、えり
まきでぎゅっとしめているかたちが、きんちゃくのようだったからでございます。色の白い、鼻の
つんと高い、古くなったおひなさまのような顔をしたおばあさんでしたが、あのおばあさんには、
耳がないんだよ、だからいつもずきんをかぶっているのだなどと、もうすものもございまして、な
んとなく、きみのわるいおばあさんでした。
 また、どんびりまめ屋ともうしますのは、そのまめ屋のおじいさんが、おどけもので、まめを売
りながら、こんな歌をうたったからでございます。

 まっちゃん 大ちゃん どんびりび
 大びりちゃんに 小びりちゃん
 大だい びりびり 小びりびり

 どういう意味かわかりません。もともと、意味などはないので、口から出まかせの歌なのでござ
います。歌の意味を、むりにこじつけて考えれば、まめ屋のおじいさんには、まっきちという男の
子がございまして、男の子といっても、十八になる若者でしたが、あかんぼうのときに、のうまく
えんという病気になりましたとかで、いつもぽかんと口をあいて、ぶらぶらしておりましたから、
そのまっきちの名を歌にして、うたっていたのかもしれません。

200 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:25 ID:N1/2+k3Y
 このごろでは、歌をうたう物売りなどは、なくなってしまいましたが、むかしは、よく、ばかげ
た歌などをうたいまして、それをお客へのあいきょうにしていたものがございました。もともと、
芸のない物売りが、ありったけのちえをしぼって、そんな病気の子の名まで歌にして、それをうた
っていたわけでございます。
 しかし、物売りのなかには、それはそれは、芸のうまいものもございました。赤い箱の上に、し
んちゅうのかまをのせて、あま酒を売りにきたおじいさんがございましたが、このおじいさんは、
こまをまわすのが、たいそうじょうずでございました。さっと、空に投げるようにして、まわした
こまを、ひょいと、手のひらでうけとめましたり、キセルのがんくびに立ててまわしたり、右の肩
から左の肩へ、すべらせてまわしたり、まるで、曲芸師のようでございました。
 こんなふうに、物売りが、ただ、物売りというだけでなく、それぞれ、かくし芸を持っておりま
して、その芸でお客をたのしませ、じぶんもいっしょにたのしむ、というふうでございました。で
すから、しぜん、物売りとお客とのあいだに、したしみができまして、ただ、お金を出して物を買
う、お金をうけとって物を売る、というだけではなしに、売り手と買い手のあいだに、いうにいわ
れない、うちとけたところがあったようでございます。なんとなく、世の中のくらしに、あたたか
みがあって、つまらないこともたのしく、人と人との心が、とけあっていたように思うのでござい
ます。

 おや、お話が、とんだよこみちへそれてしまいましたが、建具屋さんの家には、おしまちゃんと
いう女の子がおりました。たこ屋にも、くにちゃんという女の子がおりました。それから、ふ屋の
まさよさん、ぺんき屋のことちゃん、おばけやお屋のやえちゃん、あんこ屋のおかよさん、それに
わたくしと、妹のみっぷと、男の子はちんちゃひとりで、あとは、女の子ばかりでございました。

201 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:26 ID:N1/2+k3Y
 女の子ばかり、八人もかたまっておりましたのでございますから、にぎやかなことといったら、
お話になりません。ままごとなどをしてあそびますときなど、あたしはおかあさんでなければいや
よとか、あら、あたしだっておかあさんになりたいわとか、あたしはいつでもあかちゃんばかりで
つまんないわとか、きいきい、きゃあきゃあ、さわぎたてまして、それに、みっぷときたら、泣き
虫で、すぐ泣きますから、うるさいのなんの、たいへんでございました。
 で、あんまりみんながうるさくいたしますものですから、わたくしの母や、そば屋のおじさんや、
。ペンキ屋のおばさんや、ふ屋のおばあさんや、おばけやお屋のおかみさんたちが、そうだんして、
みんなに、歌とおどりのおけいこをさせることにきめました。お師匠さんは、菓子屋のむすめさん
のおけいちゃんで、毎朝十時ごろから、おけいこをすることになりました。
 お師匠さんといいましても、ちゃんとした、長唄や清元のお師匠さんではございません。なんと
いうことなしに、いろいろなものを、すこしずつ、おけいちゃんは知っているだけなのですから、
おけいちゃんがおしえてくれますものは、まちまちで、なんでもござれでございました。
 でも、わたくしどもには、なんだってよろしいのでございますから、ただ、もう、おけいこをす
るということがうれしくて、みんな、せんすを持ったり、手ぬぐいを持ったり、三味線のばちを、
おびのあいだにはさんだりして、朝の九時半ごろから、菓子屋へでかけていきました。
 おけいこをいたしますところは、おくの六畳のざしきでしたが、そこには、おけいちゃんのタン
スや、鏡台や、ガラスの箱に入れてあるお人形や、裁縫のこてがつきさしてある、せとものの火ば
ちや、おはちいれや、こたつまでおいてございましたから、そこへ女の子が八人もすわりますと、
ぎゅうぎゅうになってしまいました。
 おけいちゃんは、黒いえりがかけてある、はでなはんてんなどをはおって、すこし長すぎるよう
な感じがする首に、まわたなんか巻きつけたりして、すっかり、お師匠さんらしくすわっていまし
た。

202 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:29 ID:N1/2+k3Y
「やぁ、おい、さがぁや、おむうろの、はなざかぁり……」
と、みんなでいっしょに、うたうのでございますが、ただ、もう、ありったけの声をはりあげると
いうばかりで、ふしもなにもあったものではございません。でも、みんな、いっしょうけんめい、
せいいっぱいの声でうたいました。
 そして、おけいこがすみますと、みんなすっかり、おとくいになってしまいまして、家へかえり
ましてからも、 「さがぁや、おむうろの、はなぁざかり……」と、ひとつところばかりうたってお
りました。ですから、二、三日いたしますと、弟のちんちゃまでが、うたう文句をおぼえてしまい
まして、 「ちゃがぁや、おむうよの、でいーだんだん……」などと、でたらめを、うたいますよう
にさえなりました。
 歌のおけいこがすみますと、こんどはおどりのおけいこで、これが、また、たいへんでございま
した。手ぬぐいのはしをくわえて、からだをねじるようにしましたり、とんとんと、足ぶみをしま
してから、ぱらっと、せんすをひらきましたり、小さなおかっぱ頭にはちまきをしたりして、いろ
いろなおどりをおそわりました。
 そんなことをしておりますうちに、二月ほどもたちまして、みんなが、一つ二つ、歌とおどりを、
おぼえるようになりますと、おさらいをしょうということになりました。そして、そのおさらいは、
そば屋の二階でやることに、きまりました。
 さて、いよいよ、その日がまいりました。そば屋のおじさんは、そばをこねる台を、ざしきにお
いて、その上に、赤いけっともうふをしいて、舞台をこしらえました。ペンキ屋のおじさんは、さ
くらの花が咲いている野原の絵を、大きな紙にかいて、舞台のうしろにぶらさげました。ふ屋と、
あんこ屋と、おばけやお屋とで、お金を出しあって、木下あんこ店、田中ふ店、おばけやお屋と、
三軒の名がかいてある幕を、こしらえてくれました。たこ屋のおじさんは、たこのほねにする竹で、
いろいろなかたちのちょうちんをこしらえて、天井にぶらさげました。建具屋のおやかたは、小さ
な縁台や、舞台のかざりにおく、ささやぶや、ひょうしぎをこしらえました。菓子屋のおばあさん
は、かきもちや、はっかの菓子を、ふくろに入れて、

203 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:30 ID:N1/2+k3Y
「ええ、おかし、はっかにかきもち。」
と、いいながら、みんなに、ただで、くばって歩きました。
「まるで、おしばいにいったみたいですねえ、おほほほ。」
と、ふ屋のおばあさんがわらいました。
 わたくしの母と、おばけやお屋のおかみさんと、ぺンキ屋のおばさんが、楽屋の係で、たすきが
けで、女の子に着物を着せたり、顔へおしろいをぬったり、目のふちに、紅をさしたりしてくれま
した。おしろいが、よくつくように、顔へ油をぬりましてから、こってりと、おしろいをつけまし
たから、顔ぜんたいがこわばってしまいまして、おしろいをぬられた子は、鼻をかむこともできま
せん。しゅうしゅういっておりました。
 幕があきまして、はじめは、みんなで、歌をうたいました。一列にならびまして、はずかしいの
で、天井ばかり見て、でも、いっしょうけんめいにうたいました。そのつぎは、ふ屋のまさよさん
のおどりで、 『夕ぐれに』というのでございました。つぎは、たこ屋のくにちゃんと、おばけやお
屋のやえちゃんの歌で、『黒髪の』というのでございました。
 建具屋のおしまちゃんが、勘平になって、ペンキ屋のことちゃんが、お軽になって、『忠臣蔵』
のお軽勘平のおどりもございました。わたくしがいたしましたのも、おどりで、『梅にも春の』と
いうのでございました。どんな手ぶりをいたしましたことやら、いまでは、すっかり、わすれてし
まいましたが、むちゅうになっておどりました。
 そうやって、みんながおどったり、うたったりしておりますと、妹のみっぷが、あたしもおどり
たい、といいだして、楽屋でだだをこねはじめました。すると、ちんちゃまでが、おどるんだと、
いいだしました。
 だめよ、ふたりともおどれないんだから、といわれましても、どうしても、おどるんだといって、
ききません。おしまいには、みっぷは泣きだしますし、ちんちゃは足をばたばたやってあばれます。
母がこまってしまいまして、みっぷとちんちゃの鼻のあたまに、おしろいをつけてやって、じゃあ、
ここでおどりなさい、といって、楽屋でおどらせました。

204 :おどり by 平塚武二:04/04/19 23:32 ID:N1/2+k3Y
 みっぷも、ちんちゃも、どこでだって、おどれさえすればいいのですから、それで、すっかり、
ごきげんになってしまいまして、せんすをひらいたり、手ぬぐいをふりまわしたりしながら、でた
らめを、おどりぬいておりました。
 おどりたいといいだしましたのは、みっぷとちんちゃばかりではありません。そば屋のおじさん
も、おどろうといいだして、指の太い手を、しなしなうごかして、『深川おどり』をおどりました。
たこ屋のおじいさんも、とび入りで、新内節をうたいました。
 よしきた、おれもやるぞ、といって、建具屋のおやかたは、ばちまきをして立ちあがると、「こ
りゃこりゃ」といいながら、へんてこな、『すててこおどり』をおどりだしました。
 こんなわけで、この「おさらい」は、それはそれは、おもしろく、たいへんなさわぎで、みんな、
おおよろこびでございました。そして、それからは、ときどき、「おさらい」をしようということ
になりまして、菓子屋のおけいちゃんが、かぜがもとで、きゅうになくなってしまいますまで、さ
あ、かれこれ四、五へんも、おさらいをいたしましたでしょうか。
 まったく、なつかしいことばかりで、むかしのころのことを思い出しますと、長屋じゅうの人た
ちの顔までが、目の前に浮かぶような気がいたします。ほんとうに、むかしは、みんなが力を貸し
あって、しっくりとたのしくあたたかい気持ちでくらしておりましたような気がいたします。たし
かに、世の中ものんびりとしておりました。いろいろなものも、ただいまのように、ねだんが高く
て不自由をするということもございませんでした。
 が、それだけだったとは、わたくしには思えません。どうしても、それだけだったとは思えま
せん。

 おや、ついうかうか、おしゃべりをしてしまいましたが、こんなお話でよろしかったのでござい
ますか? つまらなかったのではございませんか?やっぱり、おとぎばなしのほうが、ずっとお
もしろうございましょう?
 はい、ばあやのお話は、これでおしまい。

205 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:05 ID:b5nAhOpQ


 千代が六つのとき、おかあさんがなくなりましたので、千代は、いなかのおばあさんのところへ
あずけられました。千代はおばあさんとふたりきりで、いなかの家で、くらしていました。小さい
千代は、庭にむしろをしいてもらって、その上にすわって、おもちゃをならべたり、ままごとをし
たり、つまらなくなると、でたらめの唱歌をうたったりして、おとなしくあそびました。家の前の
野菜畑で、おばあさんがさくを切っているそばに立って、いつまでも見ていることもありました。
「畑のさくっていうのは−−、」と、おばあさんは、ひとりごとのようにいいました。「おてんとう
さまがあがってきなさるほうから、おてんとうさまがおしずみなさるほうへ、まっすぐに、こう、
東から西へと切るもんだ。な、そうすれば日もよくあたるし、風もよくとおるし、作物のそだちが
ぐっとよくなる。なあ千代っぺ、どんなことだって、おてんとうさまにさからったら、きっとうま
くはいかねえからな。」
 畑の仕事がおわると、おばあさんは縁がわにすわって、つぎものをしたり、豆のごみをとったり、
小さな石うすを出してゴロゴロとまわしながら、こうせん(大ムギをこがしてひいた粉。砂糖をまぜ
て食べる)をつくったりしました。千代は、おばあさんの前にすわって、おばあさんがウスを一度ま
わすたびに、ウスのまるい穴のなかへ、一つぶずつムギを入れました。でも、小さい千代には、ム
ギを一つぶずつ入れるということも、なかなかむずかしいことでした。一つだけ入れようと思って
も、指がうごきすぎて、いっぺんに三つも入れてしまいました。
「ほれ、また二つだ。や、三つ入れてしまった。だめだなあ、千代っぺは。」と、おばあさんは、
わらいながらいいました。「やさしいようでも、やってみると、なんだって、むずかしいもんだ。」
 ときどき、千代は、ふとさびしくなって、庭のすみのチャボヒバのところなどにしゃがんで、し
くしく泣いていることもありました。
「なんだ、こんなところで泣いていたのけ。」と、おばあさんがきていいました。「さあ、もう泣く
んじゃあねえぞ。な、いま、おばあさんがな、おもしれえ歌をうたってやっからな。」
 こういうと、おばあさんは、泣いている千代のまわりをぐるぐるまわりながら、おかしな声で歌
をうたいました。

206 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:06 ID:b5nAhOpQ

 はあ こりゃさ
 ぼんの十六日 おどらぬものは
 ネコか しゃくしか 花よめか

 ぼんの十六日 カシの葉もおどる
 うちの千代っぺも出ておどれ

 うたいながら、おばあさんは手や足をばたばたさせて、でたらめなおどりをおどりました。千代
は、おもしろがって、きゃっきゃっとわらいました。おどろいて庭をかけまわるニワトリといっし
ょに、千代も、おばあさんのまわりをかけまわって、手をたたいておどりました。そして、おどり
がすむと、ふうふういいながら、縁がわにこしかけているおばあさんのひざにだかれて、千代は、
いつのまにか、ねむってしまいました。
 千代のおとうさんは、旅商人でしたから、旅からかえってくると、大きな黒いふろしきづつみを
せおって、いなかの家へやってきました。いつもおとうさんは、なにかしら、きっと、おみやげを
買ってきてくれました。ふさのついている、毛糸のぼうしだの、赤いコールテンのたびだの、ゴム
まりだの、絵本だの、おなかを指でおすとピーピーなくお人形だの、銀色の貝がらだの、おはじき
などを、おとうさんは、右のたもとから出して見せたり、左のたもとからも出して見せたりして、
そのたびに千代をよろこばせました。
 また、おとうさんは、千代を縁がわにすわらせて、髪をゆってくれることもありました。頭のま
んなかを、きりきりとかたくしばると、ボール紙の箱からくしを出して、それを、きっちりと、は
めてくれました。そのゴムの輪ぐしには、大きなとき色のリボンが、花むすびになっていましたか
ら、千代が歩くと、リボンがひらひらして、かわいらしく見えました。千代のおとうさんは、まる
でおかあさんのように、こまかいことまで、気をつけてくれました。
「いいかい、女の子はね、いつでもきれいに、きちんとしていなくてはいけないよ。」といって、
おとうさんは、千代のはなをかんでくれたり、おびをむすびなおしたりしてくれました。
 でも、おとうさんは、三日とは、いなかにいませんでした。
「おとなしくしてまっておいで。おばあさんのいうことをよくきいてね。」

207 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:08 ID:b5nAhOpQ
 そういうと、おとうさんは、大きな手で、千代の頭をなでました。そうするのが、まるでおわか
れのあいずみたいでした。おとうさんはまた大きなふろしきづつみをせおって、商売にいってしま
いました。おとうさんにそういわれたときは、おとなしくこっくりをしても、おとうさんがいなく
なってしまえば、千代は、また、さびしくなりました。夜になってミミズクが鳴いたりすると、さ
びしくてたまらなくなりました。
「ああ、よしよし、泣くんじゃあねえぞ。泣くとな、ほれ、あのミミズクがな、ゴロスケホーホー、
ゴロスケホーホーってやってくっからな。」
 そういって、おばあさんは、しっかりと、千代をだきしめてくれました。
 千代がさびしがらないように、おばあさんは、ブタの子を飼いました。ブタの子は、まつげがち
ょぼちょぼしていて、鼻がひらべったくて、とてもとても千代の気にいりました。千代は野ゼリを
とってきて食べさせたり、重そうにだいて歩いたりして、ブタの子をかわりがりました。
「ほう、千代っぺ。またブタの子とあそんでるな。」と、かきねのそとから、村の人たちがいいま
した。
「そんなにブタの子とばっかしあそんでいるとな、いまに、鼻がぺっちゃんこになっちまうぞ。」



 千代は八つになりました。村の学校へあがりました。
「ずいぶん大きくなったなあ。」と、おとうさんが夏休みにかえってきていいました。
「どうだね、学校がお休みのあいだに、おとうさんと温泉へいくかい。」
「うん。」と、千代は、こっくりをしました。
 千代のおとうさんは、そのころはやりはじめた大正琴という楽器を売りに、千代をつれて、山の
温泉町へいきました。「ごめんください」と、おとうさんはそういって、温泉町の宿屋を一軒一軒歩
きながら、大正琴を売りました。縁がわに大正琴をたくさんならべて、おとうさんは『越後獅子』
や『ああ世は夢か』や『荒城の月』などを、じょうずにひきました。宿屋の女中さんたちや、たい
くつしているお客さまたちは、柱によりかかったり、口笛で調子をあわせたりしながら、おとうさ
んの大正琴を聞きました。

208 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:09 ID:b5nAhOpQ
 商売がおわって、小さな宿屋にとまると、おとうさんは、そろばんと帳面を出して、売れたお金
の計算をしました。
「きょうは、ずいぶん、もうかった。」といいながら、おとうさんは千代を見て、にっこりしまし
た。でも、おとうさんのわらいかたは、首をすこしかしげる、さびしいわらいかたでした。計算を
してしまうと、おとうさんは、千代をつれてふろ場へいきました。温泉のふろ場は、穴ぐらのよう
にうすぐらくて、がらんとひろくて、もやもやと湯気があがっているなかに、ランプがぼんやりと
ひかっていました。
「さあ、これからは、千代とおとうさんの天下だね。」などといいながら、おとうさんは、千代の
おびをほどいてくれました。
「温泉へきたら、頭をよくあたためなければいけない。」といって、おとうさんは、何ばいも頭
からお湯をかぶり、千代の頭にも、何ばいもお湯をかけました。そして、ふたりともまっかになっ
てふろからあがると、おとうさんはお酒をちびちび飲み、そのそばにすわって、千代は晩ごはんを
食べました。
 おとうさんは、「これもお食べ−−。」「これもおいしいよ−−。」といって、じぶんのきんとんや
かまぼこを、千代に食べさせました。ですから、千代は、大きくなってからも、きんとんやかまぼ
こを食べると、きっとおとうさんを思い出しました。
 そのおとうさんも、千代が小学校を卒業した年になくなりました。旅でなくなりましたから、お
とうさんといっしょに商売にいった友だちの人が、おとうさんのおこつを持って、いなかの家へた
ずねてきました。あまりとつぜんのことなので、千代もおばあさんもぼんやりしてしまって、おこ
つの入れてある白いつぼを前においたまま、泣くこともできませんでした。
 おとうさんのおとむらいは、千代と、おばあさんと、村の人が五、六人だけの、さびしいおとむ
らいでした。ひろいお寺の本堂にすわって、ぼうさんのお経がおわるまで、千代もおばあさんも、
うつむいていました。お寺の庭では、セミがしんしん鳴いていて、それがお経の声といっしょにな
って、かなしく千代の耳にひびきました。
「お経をふんぱつして長くやってもらったのはありがてえが、おらあ、足がしびれてどうにもなん
なかった。」

209 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:11 ID:b5nAhOpQ
 お寺のかえりに、おばあさんはそういって、さびしくわらいました。おとうさんがいなくなって、
お金をおくってくれるものがなくなりましたので、千代は、東京へ奉公にいくことになりました。
二、三枚の着物と大正琴などもふろしきにつつんで、千代はおばあさんにおくられて、停車場から
汽車に乗りました。汽車が見えなくなってしまうまで、千代は窓から顔を出していました。



 千代が奉公にいったところは、大きな牛なべ屋でした。千代は、はじめは、茶わんや皿をあらわ
されたり、大きな七輪で火をおこしたり、たれを煮させられたり、ネギを切らされたりしました。
「いいかい、こういうふうに、はすに切るのをざくっていうんだよ。それからね。こういうふうに
横に切ったのが五分だよ。わかったらやってごらん。」と、ふとった牛なべ屋の女中さんが、ネギ
の切りかたをおしえてくれました。
 肉のことをなまということや、あぶらみのまざっている肉をしもふりということや、たまごをぎ
ょくといったり、たれはわりしたともいったりする牛なべ屋ことばも、千代はおしえられました。
「ほんとに、めんどくさいったらありゃしない。」と、ふとった女中さんは、千代にいろいろなこ
とばをおしえてくれながらいいました。 「お茶はお茶って、そういえばいいのに、それを、わざわ
ざ、宇治をくださいだの、お出花をちょうだいだの、おぶうをおくれだの、あがりをくんなだのっ
て、めいめいが、ちがったことをいうんだからね。しゃれているのか、気どっているのか知らない
けどさ、ただわかりにくいだけじゃあないか。まったく、このごろは、なまにえの江戸っ子がおお
くて、いやになっちまう。」
 夕方になると、牛なべ屋には、あとからあとからお客さまがやってきて、お酒を飲んだり、ビー
ルのあわをこぼしたり、おなべをこげつかせたりして、とてもにぎやかになりました。
「二番さん、ロースのおかわりいい。」
「十二番さんのお立ちいい。」
 などといいながら、千代も、まもなく、ほかの女中さんたちといっしょに、きびきびはたらける
ようになりました。千代は大がらな子でしたから、十五でも、髪をももわれなどにゆっていると、
十六、七には見えました。

210 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:13 ID:b5nAhOpQ
「ちょいと。とてもいい子じゃないか、あの子は。いまに、おまえさんのあとつぎだね。」と、牛
なべ屋のおかみさんは、ふとった女中さんと話していました。
 お客さまがかえってしまうと、女中さんたちはなべ台をかたして、ざしきをはきだして、そろっ
てふろ屋へいきました。ふろ屋のかえりには、だいふくもちを買ってきたりしました。ねるときは、
ひろいざしきにふとんをならべて、ひとしきりおしゃべりをしたり、雑誌を読んだり、だいふくも
ちを食べたりしました。千代は、いちばんはしのふとんにねかされていましたが、だれとも、あま
り口をきかないで、いつもだまって考えていました。
 千代が考えていたことは、じぶんはこれからどうなるだろう……ということでした。いなかのお
ばあさんは、じょうぶでいるかしら……とも考えました。いつまでも牛なべ屋の女中をしていても
しょうがないし、もっとほかに、なにかいい仕事はないかしらと、千代は天井をながめながら考え
ました。ほかの仕事といっても、どんな仕事があるかしらと、考えはいつまでもまとまりません。
そのうちにつかれて、いつのまにか、ぐっすりとねてしまうのでした。
 ある日、千代は大けがをしました。酔っぱらったお客さまがなべにつまずいて、そのなべが、千
代のすねにぶつかりました。なべのへりが、はずみで強くぶつかったばかりでなく、煮えていたな
べの中のものが、ひざから下にかかりましたから、きずといっしょに、ひどいやけどにもなりまし
た。やけどには牛肉がいいといって、すぐ大きな肉をはりつけてもらいましたが、かえってそれが
わるくて、ばいきんがはいったらしく、きずがひどくはれあがって、歩けないほどになりました。
そして、千代は、病院に入れられました。
「どんなふしあわせなことのなかにも、一つか二つは、きっと、しあわせもまざっている。ふしあ
わせに目がくらんでしまうと、そのしあわせもにがしてしまう。」と、千代は、ずっとあとになって
から、そう思いましたが、けがをして入院したおかげで、千代はいいことを考えつきました。それ
は看護婦になろうということでした。

211 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:15 ID:b5nAhOpQ
 千代は、入院しているあいだに、看護婦になるためには試験をうけなければならないということ
や、試験をうけるために出す願書の書きかたや、いつ試験があるということなどを、くわしく看護
婦さんからおそわりました。そして病院から出ると、本を買ってきて、試験をうける勉強をはじめ
ました。
 千代が看護婦になるために勉強をはじめたことは、すぐ牛なべ屋の女中さんたちに知れました。
「看護婦さん、ビールのおかわりだってさ。」などといって、女中さんのなかには、からかうもの
もありました。
「なんていわれたって気にしちゃあいけないよ。」と、ふとった女中さんはいいました。「しっかり
勉強しなさいよ。これからの女は、学がなくちゃだめだものね。」



 勉強をしたかいがあって、千代は、大きな病院の看護婦になれました。はじめて白い看護衣を着
せられた日に、千代はその看護衣を着て写真をとって、いなかのおばあさんのところと、牛なべ屋
のふとった女中さんのところへ送りました。おばあさんがどんなにびっくりするだろう……と思い
ながら、千代は長い長い手紙を、おばあさんに書きました。
 千代がはたらくことになった病院は、お金がなくて医者にかかれない人たちや、病気になっても、
めんどうを見てくれる身よりのない人や、年をとってはたらけなくなって、しかも病気になってし
まったというような、そういう気のどくな人たちの診察をしてあげたり、また入院もさせたりする
病院でした。そうしたかわいそうな人たちが、とてもとてもおおぜいいるということが、千代には、
まず、はじめのおどろきでした。いくつもある病室のベッドには、そういう人たちが、くるしそう
にせきこんだり、力なくためいきをしたりして、おおぜいねかされていました。また、待合室には、
病気のあかんぼうをだいている病気のおかみさんや、けがをしている男の子や、目のわるい女の子
や、首がまわらないほど、ほうたいをしている人などが、朝早くからつめかけていました。千代を

212 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:17 ID:b5nAhOpQ
はじめ、見習いの看護婦たちは、みんな朝早く起きて、それぞれ受けもちの場所のそうじをして、
それから、ピンセットや、いろいろなメッセル(手術刀)や、さきに脱脂綿をつけてきずぐちをし
らべるのに使うゾンデ(消息子)や、シェーレ(はさみ)や、口をああんとあけさせて、舌をおさ
えるシュパーテル(舌圧子)や、注射器などを煮沸器で消毒したり、それがおわると、ほうたいを
巻いたり、リバノールガーゼをこしらえたり、とてもいそがしくて、はじめのうちは道具の名もわ
かりませんから、まごまごするばかりでした。しかし、それにもすぐなれて、千代も、だんだん、
いちにんまえの看護婦らしくなってきました。
 なれてくるにしたがって、病院のようすも、薬の名まえなども、すこしずつわかってきました。
患者さんたちのことをクランケということも、シャボンのことをザイフェということも、氷ぶくろ
のことをアイス・ボイテルということや、ごはんを食べるということを「エッセンをとる」などと、
大きな看護婦さんたちがいったりすることも、いつのまにか、千代はおぼえました。病院で使われ
ていることばは、ドイツ語で、はじめはむずかしく聞こえましたが、なれてしまえば、牛なべ屋で
おしえられたことばとおなじようなもので、使うことばもきまっていました。でもドイツ語を使っ
て話したりしていると、なんでもないようなことでも、お茶を宇治というように、ちょいとしゃれ
て聞こえます。なにからなにまでドイツ語を知っているわけでもないのに、むやみにドイツ語を使
って話しておとくいになっているような看護婦さんもありましたが、そんなものも、牛なべ屋のふ
とった女中さんにいわせれば、なまにえの看護婦かもしれません。
 一日の仕事がおわると、看護婦さんたちはどやどやと寄宿舎へかえってきて、のびをしたり、歌
をうたったり、おしゃべりをしたり、きゃっきゃっとふざけたりしました。なかには、腹ばって雑
誌を読んだり、歩きながら。ハンを食べたりするような、おぎょうぎのわるい人もありました。そん
なことをする看護婦さんは、ただ白い看護衣を着ているのがちがうだけで、ねどこの中でだいふく
もちを食べたりした牛なべ屋の女中さんたちと、あまりちがわないように思われました。

213 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:18 ID:b5nAhOpQ
「りっぱな仕事をしていても、おぎょうぎがわるければ、なんにもならないわ。」と、千代は思い
ました。
 あんまりみんながさわぎすぎると、めがねをかけた婦長さんがやってきました。
「みなさん、しずかにしなければいけませんよ。」と、婦長さんはいいました。「女がいちばんむだ
にしている時間は、用もないおしゃべりをしている時間ですよ。」
 一年じゅうでいちばん患者がおおいときは入梅から夏までのあいだで、十月から二月までは、病
院は、わりにひまになりました。
「ミカンが赤くなると、医者の顔が青くなる−−なんて、いうんだよ。」と、下足番をしている病
院の小使さんは、じょうだんをいったりしました。
 患者さんがおおい入梅どきでも、いく日も、いく日も、雨がふりつづくと、まるで火がきえたよ
うに、さっぱり患者さんのこない日がありました。その病院へくる人たちが、みんなまずしいので、
雨がささえ持っていなくて、それでこられないためでした。病院へいきたくても、雨がさがなくて
いけない−−そういう人たちがいるのです。千代はそういう人たちを、ほんとうに気のどくだと思
いました。世の中には、じぶんより、ずっとふしあわせな人たちがたくさんいる。



 ほんとうに、その病院へくる人たちは、考えられないほど、貧乏な、かわいそうな人たちばかり
でした。どうしてそんなにみじめなのかと思うほど、とてもとてもみじめな人たちばかりでした。
あかんぼうが生まれても、生まれてきたあかんぼうに着せてやる着物がなくて、じぶんが着ている
ものを一枚ぬいで、その大きすぎるもので、あかんぼうをくるんでいるような、そんなおかあさん
もありました。いつもそれを着てはたらいているぼろぼろのはんてんとももひきしか持っていない
で、病院へつれられてくるときも、はんてんとももひきでくるおじいさんもありました。冬になっ
ても、ズボンもはかずにいる子なんか、いくらでもありました。病気ではなくて、おなかがへって
うごけなくなって、道でたおれていたというものもありました。

214 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:19 ID:b5nAhOpQ
 入院をさせてもらって、病気がよくなってきたのはうれしいのですけれど、すっかりよくなって
しまえば、病院を出されてしまう、といって、じぶんにはかえる家もなければ、たよっていく身よ
りもない、それよりも、いつまでも病気をしていれば、このまま病院でくらしていける、食べさせ
てもらえるし、きれいなふとんにもねていられる、しかし、それには、じぶんの病気がなおってし
まわないようにしなければいけないと、あべこべに考えて、くよくよしているおばあさんもいま
した。
 そのおばあさんは、いろいろ考えたあげく、体温計を火ばちの火であぶって、四十度にも高く水
銀をのぼらせて、わざとくるしそうに「あついあつい、あついあつい。」といいました。看護婦さ
んが体温計を見てびっくりして、そんなに熱があるのなら氷でひやさなければいけないし、食べも
のもおもゆにしたほうがいいといって、その日からおもゆばかり食べさせました。おばあさんは、
もう、病気がよくなっているのですから、氷でひやされたり、おもゆばかり食べさせられたのでは、
やりきれません。とうとうがまんができなくなって、ある日、そっと病院をぬけだして、やきいも
を二つ買って、それを食べながらかえってきました。すると、とちゅうで、買いものに出た看護婦
さんとあってしまった−−というような、おかしな、でも考えてみれば、あわれな話も、千代のい
る病院では、めずらしい話ではありませんでした。
 そういう気のどくな人たちばかりを見ていると、千代は、じぶんまで心ぼそくなりました。
「あたしは、貧乏になりたくない。」と、千代はしみじみ思いました。ですから、千代はいなかの
おばあさんに送っているお金ののこりを、できるだけけんやくして、毎月の貯金を一円だけふやし
ました。 (そのころの一円は、いまの千円よりねうちがありましたから、一円貯金をふやすのは、
なみたいていではありませんでした。)
 あんまりみじめすぎて、かわいそうというより、おかしくなってしまうような人もありました。
いつか、三十ぐらいの女こじきが、電車にはねとばされて、病院へつれてこられたことがありまし
た。いいあんばいに、そうひどくけがをしていませんでしたが、あんまりみすぼらしくてかわいそ
うなので、十日ばかり入院させました。

215 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:22 ID:b5nAhOpQ
 この女こじきは、これといっていたいところもないはずなのに、先生が診察にくると、きゅうに
頭をかかえて、「あいちちちっ。」といいました。頭がいたいのかと思って、先生が頭を見ようとす
ると、こんどは、おなかをおさえました。おなかを見ようとすると、また、頭をかかえました。
「なんだい、どこもなんともないじゃあないか。」と、先生がわらいました。すると女こじきは、
いたずらを見つかった子のように、首をすくめてわらいました。
 いままでぼろぼろの着物を着ていたのが、さっぱりしたねまきを着せてもらって、からだもあら
ってもらいましたから、女こじきは、見ちがえるようなおかみさんになりました。そんなにきれい
になったので、なんだかえらくなったような気になって、すこしいばってみたくなりました。
「このふとんは、あせくさいよ。」といって、看護婦さんにふとんをとりかえさせたり、ごはんを
ねたまま食べさせてもらって、おまけに、「あんまりおいしくないねえ。」といったりしました。そ
のくせ、パンのかけらなどが、ぽろんと下に落ちたりすると、あわててとびおきて、大いそぎで口
のなかへ入れました。
 そんな人を見たりすると、千代は、おかしいのといっしょに、なんといっていいかわからない、
へんな、きみのわるいかんじがしました。ただ、まずしいというばかりではなく、もっともっとみ
じめな人もあるのだということが、わかい千代にもわかってきました。まずしくなると、人はから
だだけが病気になるばかりでなく、心も病気になってしまう……まずしい人をなくさないかぎり、
まずしい人の病気をなおすことはできないと思いました。まずしい人をなくさないかぎり……。

216 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:23 ID:b5nAhOpQ
 ほんとうにふしあわせで、ほんとうに気のどくな人もありましたが、なかには、はたらけるよう
になっても、はたらこうとしないで、まるで小さい子が幼稚園へでもくるように、病院へあそびに
くるものもありました。もう病気ではありませんからといっても、そういう人たちは、まだぐあい
がわるいからといって薬びんをぶらさげて、毎日病院へくるのです。もっともっとこまってしまう
のは、へんにえらがってくる人たちがあることでした。そういう人たちは、「貧乏」という勲章み
たいなものをぶらさげていれば、どんなことをしてもかまわないと思っているように思われました。
「おい、早くしろい。」などと、その人たちはいいました。そして、すこしのけがでも大げさにい
いたてて、先生や看護婦さんのやりかたがぞんざいだといって、けんつくをくわせたりしました。
 そんなことをいったりする人がくると、千代は、もう、どうしていいか、わからなくなりました。
そうした人たちのすさんだ心を、どうしたらなおすことができるでしょう。もし、なおすことがで
きないとしたら、どんなおそろしいことになるでしょう。からだの病気だけをなおしても、なおら
ない病気のもとが世の中にあるのだということも、千代には、だんだんわかってきました。



 千代は、りっぱな看護婦になりました。病院のこともすっかりわかって、たくさんある薬の名も、
いろいろな病気やけがの手あてのしかたも、あらましはおぼえました。注射をうまくすることも、
ほうたいをずりこけてしまわないようにまくことも、湿布のやりかたも、マッサージをすることも、
生まれたてのあかちゃんに、おふろを使わせてやることも、気絶している人を生きかえらせること
だってできました。どんな人にでもやさしく、しんせつに、ていねいにしてあげました。
「とてもいい子だね、あの子は。いまに、きみのあとつぎだな。」と、院長先生は、婦長さんと話
していました。

217 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:24 ID:b5nAhOpQ
 千代がいちばんのたのしみにしていたことは、お正月のお休みに、いなかのおばあさんのところ
へかえることでした。手紙でかえることを知らせると、おばあさんは、雪がふっても遠い停車場ま
でむかえにきますから、かえるときには、わざと手紙を出しません。
「こんにちは。」といいながら、千代は、ひょっこり家へあがると、まごまごしているおばあさんに、
うしろからだきついたり、目かくしをしたりしました。
「これ、千代っぺ、なにするんだよ。こうれ、千代っペったら、よせよう。」と、おばあさんは、
うれしくてたまらないように、千代をしかりつけました。いろいろおみやげを、おばあさんの前に
たくさんならべて、いろいろな話をたくさんしてしまってから、千代はきゅうに思い出したように、
手をついてきちんとすわりなおして、「ただいま。」といって、おじぎをしました。
「ばかだなあ、千代っぺは、あははは……。」と、おばあさんはわらいました。おばあさんの口に
は、もう歯が一本もなくなっていましたから、口をあけてわらうと、ぼこんと穴があいたように見
えました。しらがもめっきりふえて、目もしょぼしょぼしていました。でも、とてもまだ元気で、
腰もしゃんとしていて、一里(やく四キロ)でも二里でも、つえもつかずに歩きました。
「まっていろよ、な、いま、ごちそうを、うんとこしらえてやるからな。」といって、おばあさんは、
だいこんなますだの、ニンジンのごまあえだの、とろろじるだの、ゆであずきまでこしらえて、も
っと食べろ、もっと食べろといいました。
 ですから、千代は、おなかがはちきれそうになって、足を前に出してしまうほど、ぎゅうぎゅう
に食べさせられました。
 夜がくると、千代はおばあさんをねかせて、マッサージをしてやりました。マッサージをするふ
りをして、ほんとうは、おばあさんのからだのどこかに、わるいところがないかしらと、しらべて
いるのでした。
「西洋あんまなんて、粉なんかからだにふりかけて、つるつるすべらかして、くすぐってえな。」と、
おばあさんはいいました。でも、おばあさんは、とても気持ちよさそうに目をつぶって、いつのま
にかねむってしまいました。

218 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:25 ID:b5nAhOpQ
 千代は、そっとふとんをかけると、ねむっているおばあさんの顔を見ていました。いろいろなむ
かしのことが、千代の頭にうかんできました。遠くでミミズクのなく声が、「ゴロスケホーホー、
ゴロスケホーホー。」というように聞こえてました。
 あくる朝早く、千代とおばあさんは、お墓まいりにいきました。
「ほれ、よく見てやれよ、千代っぺがきたんだぞ。な、こんなに大きくなって……。」と、おばあ
さんは、生きている人にでも話しかけるように、お墓にいいました。お墓はきれいにそうじがして
あって、おばあさんが植えたらしいサザンカの花が、白い花びらをこぼしていました。
「なあ、千代っぺ、もうじき、おまえも、およめさんだなあ。」と、おばあさんは、じぶんよりず
っとせいの高くなった千代を見ながら、かえり道でいいました。
「あら、あたし、およめになんかいかないわ。」と、千代はいいました。
「なにをいってるんだ。およめにいかねば、かたわもんだ。女はだれだってよめにいくもんだ。な、
そうして、あかんぼうを生むんだ。おばあさんだって、これでも、むかしは、およめさんだ。」
 おばあさんは、あぜ道に立ちどまって、大声でわらいました。
 おばあさんがいったとおりでした。千代はその年の秋に、病院の先生のおせわで、およめにいき
ました。およめ入りの日には、いなかから、おばあさんもやってきました。
「もう東京も見たし、千代っぺはおよめさんになったし、おれは、はあ、いつ死んでもいい。」
 そういって、おばあさんは、ぽろぽろなみだをこぼしました。
 千代のだんなさまは、薬屋さんでした。千代は看護婦をしていましたから、薬屋さんのおよめさ
んにはもってこいのわけでした。薬の名も、あらまし知っていましたから、まごつくこともありま
せん。病人のぐあいをきいて、ちょっとした薬なら、こしらえることもできました。
「あの、お小さいお子さまのせきどめでございますか。でしたら、工バニンより、ゼシャのほうが
あまくて、およろしいと思いますけれど……。」などといいながら、千代は、まめまめしくはたら
きました。牛なべ屋にいたことが役だって、ごはんをじょうずにたくことも、おかずをこしらえる
ことも、きようにできました。

219 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:27 ID:b5nAhOpQ
「どんなことでも、おぼえたことは役にたつ。」と、千代は思いました。
 でも、およめさんになってみると、千代が知らなかったことが、とてもとてもたくさんありまし
た。さいほうのことでも、そうじのしかたでも、ごはんのよそいかたでも、ほんのちょっとしたこ
とでも、それを知っているのと知らないでいるのとでは、たいへんなちがいでした。しかも、その
ほんのちょっとしたようなことが、いくらでもありました。たとえば、おさかなを買ってきても、
焼いて食べたほうがおいしいのか、煮て食べたほうがおいしいのか、やってみなくてはわかりませ
んでした。やってみても、なかなか思うようにはできません。病院でおぼえたことは、ドイツ語な
どもあって、むずかしそうでしたが、なれてしまえば、わりに早くおぼえられました。ところが、
およめさんが知っていなければならないことは、ドイツ語などはひとつもないのに、なかなかおぼ
えられませんでした。
「よござんすか。女ものの着物には、こういうふうに、うしろ身ごろに五分のくりこしをつけるん
ですよ。そうすれば、首にえりがからまないで、ずっと着よくなりますよ。」などと、だんなさま
のおかあさんが、いろいろ千代におしえてくれました。
 千代は、そうしたこまごましたことを、いっしょうけんめいにならいました。ゆかたはうらがえ
しにほせば肩がやけないとか、アルミニウムは、炭の粉でこすればきれいになるとか、いろいろな
ことも千代はおぼえました。つまらないようなことにでも気をくばって、いちばんいいやりかたを
するように心がけました。
「やさしいことが、むずかしい。」と、いつか、いなかのおばあさんがいいましたが、まったくその
とおりでした。
 そんなにはたらいても、千代は、いつも、身だしなみは、きちんとしていました。たびのこはぜ
をはずしていたり、着物をはだけたりしているようなことはありません。おけしょうもほどよくし
ていて、とてもきれいな、かわいらしいおよめさんぶりでした。
「女は、いつでも、きちんとしていなければいけないよ。」
と、そういっていたおとうさんのことばを、千代はじぶんでは気がつかないで、ちゃんとまもって
いたわけでした。

220 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:28 ID:b5nAhOpQ
「いいよめで、安心ですよ。これで、もう、りっぱなあとつぎができたわけですからね。」
と、だんなさまのおかあさんは、おとうさんと話していました。



 そのうちに、千代は、かわいい男の子のあかちゃんを産みました。いちばんはじめの子ですから、
一郎と名をつけました。千代はあかちゃんにおふろをつかわせてやることも、泣き声でなにをして
もらいたがっているかということも、病院でおしえられましたから、じょうずにあかちゃんをそだ
てました。あかちゃんは、じょうぶに、あの牛なべ屋の女中さんみたいな、ふたえあごをしていま
した。
 牛なべ屋といえば、千代はいっか、だんなさまといっしょに、あの、じぶんがはたらいていた牛
なべ屋へ、ごはんを食べにいったことがありました。牛なべ屋には、むかしとおなじように、あと
からあとから、お客さまがやってきて、お酒を飲んだり、ビールのあわをこぼしたり、おなべをこ
げつかせたりして、とてもにぎやかでした。
「あらまあ、お千代さんでしたの。」と、ふとった女中さんは、びっくりしていいました。ふとっ
た女中さんは、すっかり年をとって、見ちがえるほどやせてしまいましたが、あいかわらず元気で、
金歯をぴかぴかひからせながら、千代のそばに、ぺちゃんとすわって、ネギの切りかたをおしえたこ
とだの、千代におなべがぶつかった話だの、なつかしいむかし話をくりかえしました。千代がはじ
めて看護婦になったとき送った写真まで持ちだしてきて、それをだんなさまに見せたりしました。
「でも、りっぱにおなんなすって、ほんとうに、うれしいねえ。」
 そういうと女中さんは、そでで目をおさえながらわらいました。
 千代の店はたいそうはんじょうして、店をひろげ、けしょう品やこまものなども売るようになり
ました。千代のだんなさまは、やさしい人でしたから、いなかのおばあさんのところへもたくさん
お金を送って、おばあさんさえよければ、東京へ出てきて、みんなといっしょにくらすように−−
と、いくども手紙を出しました。しかし、いなかのおばあさんは、千代っぺの子どもの顔は見たい
けれども、わしはやっぱりいなかのほうがいい、といって、東京へは出てきませんでした。

221 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:30 ID:b5nAhOpQ
 それなら、いちど一郎の顔を見せに、いなかの家へいってくるがいいと、だんなさまが千代にい
いました。千代は、とびあがるようによろこんで、一郎をつれると、おみやげをどっさり買いこん
で、いなかの家へでかけました。
 千代と一郎がいなかにいったるすのあいだに、とつぜん、おそろしいことがおこりました。あの
東京の大地震が、ぐらぐらとゆれだしました。千代の店は古い家で、それに店をひろげて、あとか
ら二階をつけましたから、いっぺんにつぶれて、とたんに店の薬が爆発して、たちまち大火事にな
りました。千代のだんなさまも、おとうさんも、店の人たちもつぶされました。みるみるうちに火
がふきあがって、お使いにいっていたこぞうさんひとりだけのこして、ぜんぶ、焼け死んでしまい
ました。
 千代と、一郎と、小さいこぞうさんと、三人だけがのこされました。泣くにも泣けない、なんと
いっていいかわからない、気もくるいそうなことでした。千代は、まっさおになって、一郎をいな
かの家にあずけると、大いそぎで東京へかえりました。
 なにもかも焼けつくして、千代の家は、あとかたもなく、こなごなになっていました。くだけた
薬びんのかけらや、まがりくねった電線や、するめのようにまるまったトタン板などが、まだブス
ブスいぶっているけむりの中に、ちらばっていました。
 かたづけようにも手のつけられない、足のふみ場もないありさまでした。千代は、ぼんやりと店
の前に立って、おろおろするばかりでした。町は、遠くまで焼け野原になって、ところどころに、
焼けのこった土蔵だけが、屋根をふきとばされたり、かべに大穴をあけられたりして、いたましく
立っていました。
 すさまじい自然の力、ものすごい自然の力が、人間たちのつくりあげたすべてのものを、一ゆす
りでたたきのめして、あとは、しいんとしずまりかえって、知らんふりをしているかと思われまし
た。自然をおそれ、自然の前に、つつましくしているいなかの人たちとちがって、そうした力をわ
すれがちな東京の人たちも、いま、はっきりと、目の前にそれを見せられて、あまりのすさまじさ
に、ただふるえるばかりでした。

222 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:31 ID:b5nAhOpQ
 焼けだされた人たちは、やぶれたシャツを着たり、つぶれたぼうしをかぶったり、女の人たちは、
すそをからげ、ぞうりを足にしばりつけて、みんな竹の棒をつえにつきながら、焼けあとの町々を、
アリのように歩きました。
「ばちがあたったんだよ、ばちが……。」といって、ふかいためいきをするものもありました。
 かわいそうに、千代は泣きながらだんなさまをさがして、焼け野原の東京を歩きました。みんな
死んでしまったといわれても、どうしても、ほんとうとは思われません。道ばたにしゃがんでいる
人の顔をのぞきこむようにして見たり、年よりをつれている人を、うしろからよびとめたりして、
千代は、へとへとになってしまうまで、だんなさまを、さがしました。しかし、いくらさがしても、
また、いくら待っていても、だれもかえってきませんでした。
 しかも、そんなとき、きゅうにいなかのおばあさんが病気になって、千代がおどろいてかけつけ
たときには、もう息をひきとっていました。ああ、神様もいなければ、仏様もいないのか、だれひ
とり、たよるものもなければ、せっかくの貯金も、なにもかも、みんななくなってしまったと、千
代は泣きながら思いました。
 くやしくて、くやしくて、なみだがとめどなくながれました。いまは、だれよりも貧乏でだれよ
りもみじめで、だれよりもなさけないものになってしまったと思うと、千代は力がぬけてしまって、
なにをする気にもなれませんでした。一郎が泣いても、ぼんやりとひざにのせているだけで、縁が
わにすわったまま、チャボヒバのあたりを見ていました。
 すきとおるような青い空に、すずしい秋風がふきはじめていました。風は、サラサラと木の葉を
ゆすって、庭に落ちている小さなハギの花を、くるくる、くるくると、まわしていました。
「どんなに貧乏になっても、どんなにみじめになっても、心だけは、しゃんとしなければいけない
よ。」
 ふと、そういうことばが千代のほおをなでました。胸につまっていたかなしみは、池の木の葉が
しずんでいくように、だんだんおさまってきました。千代は、やっと気をとりなおして、ほつれた
髪の毛をかきあげました。

223 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:33 ID:b5nAhOpQ



 おばあさんのおとむらいをすませると、千代は東京へかえりました。そして、なにからなにまで、
じぶんひとりではじめました。店の品物も、貯金も、みんな焼けてしまいましたが、いなかのおば
あさんは、千代が送っていたお金をちゃんと貯金しておいてくれましたから、それがもとでになり
ました。
 千代は、あかんぼうのめんどうを、ご近所のおかみさんにたのんで、薬だの、シャボンだの、歯
ブラシなど、いろいろな品物をしいれて黒い大きなふろしきにそれをつつんで、焼けあとの町を売
り歩きました。
「ごめんください。」と、そういって、千代は、一軒一軒、こんきよく歩きました。歩きつかれて、
一休みするときには、道に品物をならべて、とおる人たちに売りました。千代のおとうさんは、こ
れといって千代のためになるようなこともしてくれずに死にましたが、そのおとうさんのしたこと
が、めぐりめぐって、千代のたすけになりました。
「じぶんは知らないでも、いろいろな人たちのしてくれたことが、みんな、じぶんをたすけてくれ
る……。」と、千代は思いました。目に見えないおおぜいの人の力が、いつもじぶんのかげではたら
いていることを、千代は、はっきりとさとりました。
 しかし、あかんぼうの一郎をそだてながら、なにもかもじぶんだけでやっていくということは、
とてもとてもほねのおれることでした。食べるものにも、着るものにも、住む家にさえ不自由をし
ているときに、しかも、そのうえ、商売までしていくことは、なみたいていではありません。
 でも、千代はがんばりました。歯をくいしばってがまんしました。がまんしたのは、千代ばかり
ではありませんでした。四十八万三千軒もの、東京じゅうの焼けだされた人たちは、みんながまん
してはたらきました。焼け野原になった東京をはじめからたてなおそうとして、みんな、力いっぱ
い、はたらきました。いつもなげいたり、かなしんだり、うらんだりばかりしてはいませんでした。

224 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:34 ID:b5nAhOpQ
 あたらしいバラックは、まるで、キノコがはえるように、つぎつぎとふえてきました。ふまれて
も、焼かれても、あとからあとから芽を出してくる、強い草のように、力をあわせた人たちのはた
らきが、東京をぐんぐん復興していきました。千代も、店の焼けあとにバラックを建てると、小さ
いながらも、もとの薬屋をはじめました。生きのこったこぞうさんがかえってきて、千代と力をあ
わせて、いっしょうけんめいはたらいてくれました。
「ねえ、おかみさん、せんたくシャボンは、店のいちばん前にならべるんですよ、ひょいと目につ
いて、買いやすいから……。」などと、気をつけてくれて、こぞうさんは、とても身を入れて商売
をしてくれました。
 朝早くから、夜おそくまで、千代は、はたらきました。問屋から品物をしいれてきたり、とどい
た荷をほどいたり、そのあいだには、あかんぼうの一郎のめんどうもみたり、そうじもしたり、せ
んたくもしたり。
 千代の店の品物は安いので、お客さまからよろこばれました。どさくさまぎれに高く品物を売り
つけて、そういうやりかたがうまい商売のように思いこんでいるような商人もありましたが、千代
はそんなことはしませんでした。
 品物はどんどん売れて、おもしろいように利益があがりました。正しい商売をしていけば利益が
あるということは、たいへん気持ちのいいことでした。店はいそがしくなって、こぞうさんと千代
だけでは、手がまわらないくらいでした。こぞうさんは、いせいよく自転車を走らせながら、こん
な、そのころのはやり歌をうたいました。

 帝都復興
 ええぞ ええぞ
 あらま おやま
 たちまちならんだ
 バラックに
 夜はねながら
 お月さんながめて
 ええぞ ええぞ

225 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:35 ID:b5nAhOpQ



 いまは、ただ、一郎がじょうぶに、元気に、すくすくとそだっていくことだけが、千代のたのし
みでありました。一郎が病気をしたり、けがをするようなことがあっても、千代は手あてをよく知
っていましたから、そういうことでは、あまり心配もしませんでした。一郎に着せてやる着物のこ
とも、家のきりまわしも、ちゃんと、だんなさまのおかあさんから、おそわっておきましたから、
ちっともこまりませんでした。どんなものを食べさせれば、子どもがじょうぶになるかということ
も、そして、そのこしらえかたも知っていましたから、おいしくて、ためになるものを一郎に食べ
させました。
 しかし、一郎が学校へあがるようになってからは、ただそれだけのことでは、まだなにかたりな
いような気がしてきました。子どものからだをじょうぶにしてやるといっしょに、子どもの心も、
のびのびと強くさせてやらなければいけないと、千代は思いました。からだのためになる、いい食
べものを食べさせてやるように、子どもの心にも、いい食べものを食べさせてやらなくてはいけな
いと、千代は考えました。しかし、それなら、どんなものが子どもの心をよくするか、どんな心の
食べものが、しゃんとした心をそだてるかということは、千代の知らなかったことでした。
「これは、いけない。」と、千代は思いました。ただ、ものを知っているというだけのことでは、
人間はまだいちにんまえではない、よい心をやしなうような勉強もしなければいけないと、はじめ
て気がつきました。千代は、いろいろな本を買ってくると、商売のあいだに、いっしんに読みはじ
めました。
 もう、千代の勉強は、試験をうけるためでもなければ、出世をするためでもありません。こんど
こそほんとうの勉強でした。つまらない小説などと思って、見むきもしないでいたような本に、千
代の知らなかった、りっぱな、ためになることが書かれていました。詩や歌や童謡のようなものに
も、人の心をきよくする、たいせつなものがあるということも、千代にだんだんわかってきました。

226 :風と花びら by 平塚武二:04/04/20 02:36 ID:b5nAhOpQ
 しかも、そういう勉強は、いつまでしても、もうこれでいいということがありません。およめさ
んになってから、千代がおぼえたり、おしえられたりしたことは、おぼえてさえしまえば用がたり
ましたが、こんどの千代の勉強は、おぼえればいいというだけではなく、あたらしい空気を毎日す
わなくてはならないように、たえまなく勉強をしなければなりませんでした。そして、また、勉強
をすればするほど、たのしく、心がのびのびとなる勉強でした。こんなふうに、千代がじぶんも勉
強して、気をつけてそだてましたので、一郎は、りっぱな若者になりました。小学校もずっと優等
でしたし、中学校も、薬学校も、いい成績で卒業しました。せいは、千代よりずっと高くなって、
うしろすがたは、なくなったおとうさんそっくりでした。
「はい、お子さまのかぜ薬ですか。そうですね。アンチピリンよりも、バルビタールのほうがいいで
すね。副作用がないですから……。」などといいながら、一郎は、てきぱきと店ではたらきました。
「いいむすこさんになりましたね、一郎さんは。あんなあとつぎができたんですから、もうおかみ
さんもあんしんですな。」と、地震のとき生きのこったこぞうさんは、いまは、もう、いい番頭さ
んになって、千代と、にこにこ話していました。
 それから戦争があったり、戦争に負けたり、日本にはいろいろなことがありました。千代にもい
ろいろなことがありました。しかし、どんなときでも、千代はしっかり生きてきました。くるしい
ことがあったとしても、ふしあわせのどんぞこへ落とされても、千代の心は、ねじけたりひがんだ
りはしませんでした。貧乏でも、どんなめにあわされても、けっしてひるまない千代のくらし。千
代は、いまでも、元気よくはたらいています。勉強もしています。
 いつか、千代は、ほんとうに、しあわせになれるでしょう。

227 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:28 ID:b5nAhOpQ
マンフォードと囲い込み回収構造
−日本的共同体構造と思想家・芸術家の在り方−

(シグノ発表)

 ルイス・マンフォード(一九八五〜一九九〇)の『現代文明を考える』(講談社学術文庫、生田勉、山下泉訳、原
題 Art and Technics, 1952 by Columbia Univ. Press)という本を最初に御紹介します。これはコロンビア大学の
パンプトン・レクチュアでの六日間の連続講演を一冊にしたもので、やや纏まりに欠け、翻訳も随分凝っている割
合には意味不明の所が見受けられ、アングロ・サクソン流の行きつ戻りつに苛々させられますが、類い稀な名著で
あるのに間違いありません。原著が大学図書館にあると思うので、英語に堪能な方は参照してみて下さい。何分、
半世紀も前のものですから、構造主義もデコンストリュクシオン(脱構築)やポスト・モダニズムも知らない訳で、
古いといえば古いのですが、それだけに大局的見通しの確かさには驚かされます。
 第一講演の命題は、機械が自律的になり、人間が隷属的に、外面的で非人間的なものになりさがっている。人間
は、こういうあべこべの世界に余儀なく住む亡命者、いや、難民になってしまった、というものです。べーコン、
ニュートンなど十七世紀西欧近代は、機械的科学文明の発達が、社会の矛盾圧制の打破、人間精神の解放を齎すも
のと信じて、心からこれを歓迎しました。「彼らは剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする。国は国に向
かって剣を上げず もはや戦うことを学ばない」(イザヤニ・四)「狼は小羊と共に宿り 豹は子山羊と共に伏す。
…乳飲み子は毒蛇の穴に戯れ 幼子は蝮の巣に手を入れる」(イザヤ十一−六−八)という理想郷が、人類の将来に
実現すると確信したからです。ところがこの四百年、まさに驚くべき発展を遂げた科学技術は、「外面、嵩(かさ)、
計量できるもの」だけを重視するようになり、「本来、機械の要求に容易に順応しない筈の人間個性のあらゆる部
分を、自動装置が麻痺させている」という結果を生みました。

228 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:28 ID:b5nAhOpQ
 ここでマンフォードは芸術の起源を考えます。人間に特有の表象機能は、先ず言語表現において際立っています
が、ヴィーコ(一六六八−一七四四)が喝破したように、表象の神話的・詩的な機能は、表象の合理的・実用的機能に
先んじて用いられたのでした。つまり、直接経験を美的に凝縮する機能が、それを論理的に抽象する機能に先だって
いた訳です。技術は、機械による処理を促進するために、生活、芸術双方の要素である、情緒、感情、願望、共感、
即ち人間個性の殆どをそこから排除しようとしますが、プロメテウスのオルフェウスに対するこの勝利は、高々近
代西欧でもここ四百年のことに過ぎず、それが後戻りできない程決定的に人間を阻害し始めたのは、二十世紀の百
年間においてでした。
 第二講演の重点は、オルフェウスがプロメテウスに先んじていた前技術時代の初期、幸福な黄金時代の神話に注が
れます。組織化した戦争、奴隷制度、強制労働が何れも存在しなかった(少なくとも人間の想像力の中で)時代のこ
とです。しかし、実際は、オルフェウスの竪琴に応じて岩は独りでに動きません。表象機能がアニミズムの短絡を越
えて「ものへの謙虚さと機能への配慮」を学ぶのは、人間の知的成熟、感情の発達の両面から不可欠なことでした。
確かに、人間は機械の持つ均一性と反復的秩序を喜び、必要とします。子犬や幼児がどれ程単調な反復に飽きないか
は誰しも経験するところですが、人間が太陽と惑星の運動を観察して、そこに周期性、回帰性、不偏性といった独自
の秩序があるのに気付いた時、それが、より効率的な農業生産に寄与したのは勿論ですが、同時に、人間は自然に
従い、外界で待ち受ける条件を容認しなければならないということをも悟らせたのでした。一方で表象機能が人間
に神に似た力と創造性を与えたとすれば、初期の科学と技術は、自然の持つこの周期性、反復性をある意味で模倣し
て、人間存在に安定と安らぎを齎そうとしたのでした。しかし、技術の発達は、早くも人間の阻害を結果せずにはい
ませんでした。採鉱労働は、労働の中でも、最も苦痛に満ち、危険なものでした。長いこと、地下の採鉱の仕事は罪
人や奴隷に委ねられて来ました。

229 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:35 ID:b5nAhOpQ
  荒木注 鍛冶の神ヘファイストス(ローマではヴルカヌス)は、何故両足跛で、ちんちくりんで、醜く、不潔だっ
 たのでしょう。トールキンの『指輪物語』では、鉱業が指輪の魔王の特技の、呪われたものとして描かれます。罪人
 の徒刑でなければ、割高な賃金に誘われて、あぶれ者が駆り集められた、佐渡の金山の歴史でも、採鉱業への呪いの
 普遍性は明らかです。今はロボットにやらせるから大丈夫という人は、愚かにも問題を取り違えています。地下の採
 掘に限らず、私達が自動販売機のボタンを押し、パソコンのキーを叩くその度に、私達は機械の奴隷になりさがり、
 少しづつ自分の掛け替えのない個性と人格を売り渡しているのです。

 手業が優位を占めていた時代、職人と芸術家が幸福な折衷を享受し、人間が自然の条件を尊重しながらも、それを
自己の固有の目的のために変容し、道具と機械とが、生活を無秩序の主観性から解放しながらそれを制御はしても、
人間を支配することがない時、どの文明もその絶頂点にあるのです。しかもマンフォードは、真の客観性が経験のあ
らゆる面を包含しなければならない以上、人間性の最も重要な二面である主観を落してはならない、ということに注
目します。技術の持つ秩序、規則正しさ、中立性は、確かに統合した人格に重要な貢献をしますが、もっと意義深い
全体から見れば部分に過ぎないのです。不幸にして、西欧人は探すべきものを求めているうちに、探している対象を
忘れてしまい、邪魔になる空想性を排除しているうちに、自分自身まで取り除いてしまった次第です。自動人形に
権限を委ね、自分の判断を放棄してしまったために、西欧近代は逆に人間の本能的衝動(イド)を解放し、生ま
で獣的な表現だけに生命力を求めることになりました。第三講演は「手仕事から機械仕事へ」と題されます。本題に
入るために、これからはマンフォードの紹介を今までより簡潔にしますが、初期の手仕事が、技術発展の非人間的側
面を防ぐことができたのは、作業を直かに職人が掌握していたからでした。彼は自分の身体のリズムに従って働き、
疲れれば休息し、経過を振り返っては工夫し、ためつすがめつあれこれ手間をかけました。ですから仕事は余り捗

230 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:35 ID:b5nAhOpQ
りませんが、職人も芸術家と同じく、自分の仕事に生き、仕事のために、仕事によって生きたといえました。しかし
マンフォードは再び強調しますが、この幸福な関係が当て嵌まらない唯一の技術部門である採鉱業が、人間的関心と
規範の下にあった、思考・労働・創造の統合を覆し、そこから真直ぐ戦争が導かれたと断定します。確かに武器の有効
性は、刀剣や盾に始まって、原子爆弾やミサイルに至るまで、金属精錬技術の発達に全面的に依存していました。
 マンフォードの指摘で次に興味深いのは、印刷技術発達の歴史です。写本彩飾師や挿絵師が美的に優れているため
に、却って写本に手間を掛け、書物の普及を妨げる結果となったのをそっくり真似て、活字印刷師は、十九世紀に
なっても、印刷された頁に写本彩飾師のやる多くの飾りを付け、扉絵、頭文字を図案や唐草模様で飾り立て、著者と
読者の間に立ちはだかっていたのです。機能か装飾か、建築において今も論議の種になる、この古い対立は、技術か
芸術かという誤った「あれかこれか」をこういう形で先ず書物に持ち込んだのでした。そういう誤った装飾から自由
になれば、機械と機械仕事は、印刷術の発明から百年と経たない内に決まってしまった理想的活字書体と同様、必然
的に長続きするものです。青銅器時代以来変らない安全ピン、縦糸横糸の交錯から成る織機の構造など、マンフォー
ドの挙げる機械の定常態がそれです。テレヴィやヴィデオが私達を、中世以前の読み書き不能の空白状態に再び落
し込むことによって、印刷された言葉の恩恵がなければ、人間がどんなに低い抽象化の水準でしか生きることがで
きないかが更めて明らかとなりましたが、資本主義の果てしないモデル・チェンジが、印刷機だけでなく、自動車、
テレヴィ、電話などあらゆる機械の定常態を、利潤と面子に掛けてはぐらかし、消費者を欺き続けているのです。
自発性、選別眼、自制、要するに自由と創造性を生に返せとマンフォードは言います。企業ではなく、人間が止むこ
となく成長しなければならないのですから、機械がひとたび力と経済の優れた「定型」に達したら、それを作った者
が機械の水準以上に自分を引き上げるまで、機械は進まずに待っていなければならないというのが第三講演の結論で
す。

231 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:38 ID:b5nAhOpQ
 第四講演は「標準化・複製・選択」と題されていますが、むしろ質と量の関係に絞られるでしょう。鋳造や押刻な
ど、数量を増やすためのプロセスはごく初期から芸術作品に対して用いられていました。今日の没個性的で物量至上
主義の世界の第一歩は、古代の押刻技法が木版印刷によって肖像の機械的複製に応用された時に印せられました。何
とマンフォードによれば、その対象はトランプ・ゲーム(初期資本主義の投機的精神の促進者)だったといいます。木
版、銅版、鋼鉄版、食刻法(エッチング)、石版、やがて多色リトグラフからカラー写真に至る複製手段の歩みは、
そのまま、王侯の独占から芸術を解き放つデモクラシーの勝利のようにみえました。それと呼応するように、後期ル
ネッサンス絵画において関心が次第に属性から物性に移ったといいます(荒木注 ルーペンスの聖母マリアは一人
の女になり、グリューネヴァルトのイエスは惨めな死体に成り下がります)。十七世紀オランダ派の写実が到達した
レヴェルは、現在の最も高度な写真技術も及ばない程ですが、写真の場合無限の複製が可能です。しかし、機械的複
製のプラス面は、やがて致命的なマイナスを人類に齎しました。イメージを絶え間なく執拗に見せつけられると、私
達は麻痺してしまい、表象の意味が失われてしまいます。すると表象使用者は益々繰り返しと煽情的効果に頼らざる
を得なくなります。マンフォードは「魔法使いの弟子」という古い寓話を引き合いに出します。彼は、老魔法使いの
留守に、盗み覚えた呪文で桶と箒に掃除をさせました。しかし、「止め」という呪文を知らなかったために、自動の
桶がぶちまける水の中であっぷあっぷすることになったのです。
 一人一人の職人が、火や水から僅かばかりの助けを借りて自分のかよわい力で制作した作品であれば、絵、彫刻、
版画、染布の何れを問わず一生の間に彼の作れる数や量は、極めて限られています。自然のそして有機的な制約が
合理的な淘汰の役目を果たしていたのです。芸術は、貴重で、難解で、儀式の荘厳さを帯び、要するに貴族的でなけ
ればならないとマンフォードは強調します。彼は掛けっぱなしの複製より、直接インドに赴いて、たとえ一時間でも

232 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:40 ID:b5nAhOpQ
本物のアジャンタの洞窟画を見たいとは思いますが、もしそこに三車線のハイウエイが通って、彼と共に五千人の人
が絵の前の孤独を味わおうとするなら、真の芸術との出会いは不可能になると言います。
 第五講演は建築についての話ですが、正直アメリカに偏っていて視野が狭過ぎます。「機能が形態を生む。美は
機能の約束である」という、無名のホレーショ・グリーノー(一八〇五−五二 アメリカの彫刻家)を中心に据え
ますが、何故かグロピウス、パウル・クレー、カンディンスキー、ル・コルビュジェやバウハウスについては、殆ど
言及していません。一九五〇年頃のアメリカに、もし彼らが良く知られていなかったとするなら、驚くべき「田舎人
の懐親爺(己が仏尊しの宣長に対する上田秋成の批判)」と言わなければなりません。最終第六講演も、シュペング
ラーへの言及を含めて余り新しいことはなく、省略して構わないと思います。
 マンフォードの現代文明論は、私の場合、拙訳のルロワ・グーラン『身ぶりと言葉』、ロランバルト、それから
オギュスタン・ベルク研究と呼応しています。この本が出てからの二十世紀後半五十年は、思想史的、哲学的に、
近代西欧の総決算ともいうべき豊穣多産の時代でした。しかし、第四講演までのマンフォードの論旨は、その後の半
世紀によって否定されはしません。機械が自律的になり、人間が隷属的に、外面的で非人間的なものになりさがっ
ている。人間は、こういうあべこべの世界に余儀なく住む亡命者、いや、難民になってしまった、という最初の命
題は、二十一世紀を迎えて益々切実さを増しています。自動人形に権限を委ね、自分の判断を放棄してしまったため
に、西欧近代は逆に人間の本能的衝動(イド)を解放し、生まで獣的な表現だけに生命力を求めることになった、と
いうことを否定できる人は誰もいないでしょう。人間が止むことなく成長しなければならないのですから、機械がひ
とたび力と経済の優れた「定型」に達したら、それを作った者が機械の水準以上に自分を引き上げるまで、機械は進
まずに待っていなければならない、という「定常態」に関する見識の正しさには驚かされます。職人が一生の問に作

233 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:41 ID:b5nAhOpQ
れる作品の数や量は、極めて限られていて、そこで自然の有機的な制約が合理的な淘汰の役目を果たしていたという
のも卓見です。芸術は、貴重で、難解で、儀式の荘厳さを帯び、要するに貴族的でなければならないとする意見も、
デモクラシーの国アメリカの奥深さを感じさせるでしょう。拙訳『身ぶりと言葉』最終章「想像上の自由、および
ホモ・サピエンスの運命」から一節を引いてみましょう。

  道具、身ぶり、筋肉、自分の行為のプログラミング、記憶などから解放され、遠隔普及手段の完成によって想像力
 から解放され、動植物界、風、寒さ、細菌、山や海の未知から解放されて、動物学上のホモ・サピエンスは、おそら
 くその生涯の終末期に近づいている。(中略)最後に、ある自覚をもって「サピエンス」でありつづけようという意
 志によって決定される未来をもった人間を想像することができる。そのとき人間は個人的なものと社会的なものとの
 関係の問題を完全に考え直し、その数的密度、動植物界との関係という設問に具体的に正対し、地球の管理を偶然の
 戯れとは別なものとして考えるために、細菌的な文化行動を模倣することをやめなければならないだろう。

 ベルクさんがエクーメネ(風土)における通態の概念を導入して、この危機を突破しようと努めていることは、多
少なりと「シグノ」の皆さんは御存知でしょう。感情の動物であり、幼年時のトラウマから自由でない人間(日本で
は特に男性)が、何処まで「サピエンス」でありつづけることができるか、若干の疑いなしとしません。ともかく、
マンフォード、ルロワ・グーラン、バルト、ベルクが等し並みに認めているのは、西欧近代のデッド・ロックです。
その時、日本、あるいは中国が、バルトの所謂ユートピアとして浮かび上がって来ます。中国は知らず、果たして日
本は、そのような新しい総合に、何かの示唆を与えることができるのでしょうか。ここで初めて私は今日の主題であ
る「日本的共同体構造」に触れることになります。「シグノ」の最初から私は、「談話の言語相に於けるシフターの

234 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:43 ID:b5nAhOpQ
役割と私的二項関係」や「日本での制度化と回収のメカニズム」について語って来ました。今年の一月にも私は、「日
本的囲い込み回収構造からの脱却」と題して発表しました。文学(詩的)言語の間接性についても縷々述べるとこ
ろがありました。これらについて繰り返すことは致しまん。
 ところで数日前のテレヴィで「族議員の功罪」という放送を観ました。票欲しさに圧力団体の利益を代弁する自民
党議員(主として地方選出)の実態の分析です。ある自民党族議員は、日本人全部が族人間なのだから族議員だけを
責めても仕方がないと発言していました。これは中々率直な、聞くべきところのある意見です。小林秀雄が貧乏の中
から後輩に煙草を配り、それが中村光夫を感激させて、小林を生涯の師と仰ぐこととなった逸話は既に何回か紹介し
ましたが、「将棋世界十月号」の河口俊彦「新・対局日誌」にこんな話が載っていました。小林は洛西の老舗の鮎を好
み、紅葉の季節に鮎を食べに来ると言い出して、主人は苦心して鮎を晩秋まで生かしておいだそうです。

 全く昔の文士は豪勢にして優雅なものだった。「文人悪食」という本を読むと、みんな賛沢をしている。今の作家
などと比べものにならない。何しろ昨今は、芥川賞作家ですら、初版千部だそうですがらね。この場合、小林秀雄の
年収がどのくらいあったか、は問題でない。全国各地の超一流の料亭へ行き、好き勝手なことをやって、帰りに「今
日は旨かった」で済んだのだろう。多分代金など支払ったことはないのではないか。ツケをどこかへ回せば喜んで
払うところがあったし、店のサービスもあっただろう。文化、芸能人にはそうしたパトロンがいたのだ。事情は将棋
界も同じ。棋士も昔にくらべれば随分貧しくなった。芹沢が生きていたころまでは、彼の将棋連盟から得る年収な
んて、今のC級一組の棋士と同じくらいのものだったが、さっきの小林秀雄と似たようなことが出来、私もおこぼれ
にあずかって賛沢をさせてもらった。

235 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:44 ID:b5nAhOpQ

 因みに河口七段は六十四歳、フリークラスの半引退棋士です。小林がすっぽり漬かっていた、煙草配り構造即ち日
本的共同体構造の実状が浮き彫りになっています。今、簡単にこの構造を箇条書きにして要約してみましょう。

一、人間が個人として自立せず、ある集団(派閥、族、出身校同窓の先輩後輩、文壇文士、将棋界)に属して自
  らのアイデンティティーを見出す。
二、仲間でない者、集団の外の者、派閥外、族議員外、別な大学出身者、文壇外の普通人、将棋界外の人、穢多
  新平民、ハンセン病患者、アイヌ、朝鮮人、外国人などは完全に無視、存在さえ認めないから、創氏改名な
  どどんな虐待も気付きもせずに平気でする。
三、言葉自体が「お爺さん」と「お祖父さん」という普通名詞と固有名詞を区別しないし、日本の夫婦は殆どす
  べて、相手を「お父さん」、「お母さん」と呼んで、存在を関係へと転移する。家族的、社会的関係が存在に
  先立つ。
四、六四五年の大化の改新の一応の成功、つまり公地(口分田)・公民として当時の朝廷の版図が班田収受法に
  よって統一されたのには、この共同体構造が与って力があったらしい。しかし公けと私の区別は最初から甚
  だ暖昧であった。
五、既に聖徳太子は、官位十二階や憲法十七条を定めて、共同体を一層普遍的な原理に開こうと努力したが、改
  新後も豪族間の対立は続き、遂に壬申の大乱に至る。
六、軽太子、軽大郎女の同母兄妹恋愛の悲劇は、単一家族共同体が遅かれ早かれ直面する危険を象徴するもの
  で、記紀共にこれを重視しているのは、逆に家族共同体構造が八世紀初頭なお強く残存していたことを思わ
  せる。
七、応仁の乱(一四六七)後、小袖の着流し、三度の食事、書院造りの引戸、明障子、襖など、ほぼ現在に至る生
  活様式が確立したが、それと菩提寺の開基が符節を併せ(一五〇〇−一七〇〇)、それまで山野に捨てられ
  ていた庶民の骸が寺に収められ(実際は「捨て墓」、「参り墓」の両墓制としても)、戒名がすべての死者に
  与えられるようになった。仏教の大衆化が、連綿たる共同体構造の温存に寄与した好例である。

236 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:46 ID:b5nAhOpQ
八、戦後民主主義は、個人の自立という民主主義の第一原則を、見事にはぐらかした。自立しようとする子供
  は、家庭で、学校で、地域で、職場で、苛められ、邪魔にされ、無視され、迫害される。潅概米作農民の
  農本共同体構造は、農地解放の変革を暖昧に糊塗しようと、少なくとも心理的に温存された。自立したは
  ずの小作が雪崩を打って自民党を支持し族議員が発生するには、こういう過程を経る必要があった。そして
  正に靖国神社がこの共同体のシンボルである。小泉総理の「聖域なき構造改革」の掛け声は、「靖国神社」
  という共同体の聖域で裏打ちされなければならなかった。「リストラの痛み」という「捨て墓」に死骸を投
  げ捨てるための「詣り墓」が「靖国神社」なのである。
  
 社会学、政治経済学的には、更に詳しい分析が必要でしょうが、今、私はこれ以上の細部に立ち入りません。た
だ、この共同体構造の有史以来、殆ど永遠の持続にどうにも我慢ならない思いで生きている人も少なくはないはず
です。この構造がそのまま、新しい総合として近代西欧のデッド・ロックを切り開く可能性は絶無でしょう。日本の
思想史、宗教史、美術史、文学史が、現在、意味あるものとして私達に訴え掛けるのは、正にこの呪われた共同体構
造の外に生きた、所謂「世外の人、世捨て人」のお蔭でした。小林秀雄など文壇文士の悪質な一部は、「世外の人、
世捨て人」の振りを装って、見事に共同体構造の家元、教祖に成り済ましたのです。この巧みなすり替えで虚名を
博している人は、現在でもかなり大勢います。所謂良心的出版社の著作者名簿にはその殆どが網羅されているはずで
す。
 行基、空海、最澄、道元、一休、良寛、法然、親鷲、など仏僧の系譜、長明、兼好、西行、俊成、定家、雪舟、世
阿弥、宗祇、利休、芭蕉、蕪村など風雅芸道の系譜、近代では露伴、鴎外、漱石、佐藤春夫、中勘助、梶井基次郎、

237 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:48 ID:b5nAhOpQ
萩原朔太郎、三好達治、中原中也、宮沢賢治、堀辰雄、立原道造、伊藤整などの詩人文学者、他にも仏師、宮大工師、
画家、儒者、国学者など、共同体構造の圧力をかい潜って生き延びた人の思想、作品が今も私達を慰めます。これら
の人の共通点は何でしょうか。第一に時の権力からの距離を測り、独立自立を尊びました。「紅旗征戎吾が事に非ず」
という定家の諦念と鴎外のレジグナチオンを思い合わせてみましょう。彼らは菊池寛や志賀直哉に旨く取り入る道を
選びませんでした。第二に彼らは共同体構造に「回収」されることを少なくとも生前は極力拒みました。最澄は比叡
山(仏権王権共に立つ)に回収されましたが、空海は高野山に逃れたのです。道元は鎌倉を去って、越前の永平寺に
隠れました。兼好は四十路を過ぎて生きるのは羞ずかしいと言い、西行は頼朝から賜った金の猫を門前の子供に呉れ
てやりました。「ある時は仕官懸命の地をうらやみ、一たびは仏籬和室の扉に入らむとせしも、たよりなき風雲に身
をせめ、花鳥に情を労して、暫く生涯のはかり事とさへなれば、終に無能無才にして此一筋につながる」、これは有
名な芭蕉『幻住庵記』の一節です。漱石は文人宰相西園寺公望の鄭重な招待を「ほととぎす画半ばに出兼ねたり」の
一句で、ぴしゃりと断ります。日本で多少なりと自由な思考を保ち、「花鳥に情を労」しょうと思う人は、絶対に共
同体に回収されてはなりませんでした。
 そこにマンフォードの描き出した近代西欧がどっと押し寄せて来ました。存在より関係を優先し、個人より集団を
重んじる日本の共同体構造は、元々個人を取り替えの利く部品(a=b)と置く傾向の故に、大量生産工業社会に
ぴったりの側面を持っていました。「機械が自律的になり、人間が隷属的に、外面的で非人間的なものになりさがって
いる。人間は、こういうあべこべの世界に余儀なく住む亡命者、いや、難民になってしまった」というマンフォード
の命題の「機械」を「集団」あるいは「族」と読み替えてご覧なさい。「靖国」という参り墓を聖域とし、「機械」を
手に入れた日本の資本主義の仮借ない専制支配は、戦前、戦中、戦後を通じて変りませんでした。プロメテウスのオ
ルフェウスに対する勝利は、日本では常に完全だったのです。

238 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:49 ID:b5nAhOpQ
 「不幸にして、西欧人は探すべきものを求めているうちに、探している対象を忘れてしまい、邪魔になる空想性を
排除しているうちに、自分自身まで取り除いてしまった次第です。自動人形に権限を委ね、自分の判断を放棄してし
まったために、西欧近代は逆に人間の本能的衝動(イド)を解放し、生まで獣的な表現だけに生命力を求めることに
なりました」というマンフォードの断罪は、そのまま今の日本人に当て嵌まります。つまり、明治以後の日本人は、
「進歩・近代化・脱亜入欧」を求めているうちに、その真に重要な人間的部分(基督教的精神性が一つの例です)を忘
れてしまい、邪魔になる空想性(たよりなき風雲に身をせめ、花鳥に情を労して)を排除して、IT、ITと騒いで
いる内に自分自身まで取り除き、コンピュータに権限を委ね、人間らしい礼儀も判断も放棄してしまったために、イ
ドつまりエス、本能衝動だけの獣になってしまいました。仮りにも基督教に根ざす西欧より、非人間化の過程は一層
速やかだったといえるでしょう。ルロワ・グーランのいう通り、もし人間が、今後とも「サピエンス」でありつづけ
ようという意志を持っているなら、

 個人的なものと社会的なものとの関係の問題の完全な見直し
 人間の数的密度、動植物界との関係という問題に正対地球の管理を偶然の戯れとしない
 細菌的な文化行動を止める
 
 が必要となります。「技術」はその定常態に達したら、人間が追い付いて来るまで待っていなければなりません。
職人であれ、芸術家であれ、思想家であれ、彼らはその人間的自由を、集団や機械に売り渡してはなりません。機械
が複製を無限に再生産してはならないように、人間も地球の生態系のバランスを壊して無限に増えてはなりません。
日本の都市のアミーバ的増殖構造をプラスであるかのように考える建築家がいましたが、それこそ「細菌的文化行
動」です。今こそ私達は地球の管理を偶然に委ねてはならないのです。

239 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:51 ID:b5nAhOpQ
 台風十五号に降り込められてこれを書いている内に、飛行機をハイジャックして乗客乗員諸共、ニューヨークの貿
易センタービルやワシントンのペンタゴンに突入させ、これを破壊炎上させるというテロ事件が報道されました。オ
サマ・ビン・ラディンとかいうサウジアラビア出身のイスラム過激派指導者が元凶ではないかと取り沙汰されている
ようです。ブッシュ大統領のミサイル防衛網(NMD、TMD)など何の役にも立たないことが証明され、その点で
結構ともいえますが、それにしても、二十一世紀の今日、誰も思い付きもしないこの狂愚の蛮行が、一個人でなくあ
る組織によって精細に計画実行されているらしいのを見ると、「サピエンス」(賢い、知恵深い、ものを考える)とい
う形容詞を私達は返上しなければならないのかと疑われます。
 ここでもう一度、詩的言語、文学言語の間接性についてお話しましょう。プロメテウスではなくオルフェウスの領
域です。九月例会に、斎藤氏が三度目の「文体解剖・行間設計」の発表をして下さいました。その席でも申し上げま
したが、斎藤氏の綿密な図式の根本的欠陥は、詩や文学の言葉を、話者−聞き手という、通常の伝達の枠の中で考え
ていることです。何らかの社会集団(例えばイスラム原理主義)の利害に繋がり、政治経済哲学など、何かのために
なる言葉なら、NHK、朝日、文部科学省、岩波、筑摩の受けは良いでしょう。しかし文学言語は、「何も言わない
ために言う」のであって、「夏炉冬扇」の無用の長物です。芭蕉の「終に無能無才にして此一筋につながる」という言
葉は修辞ではありませんでした。斎藤氏は宮沢賢治の「集会案内」の、「弁当をもってきて、こっちでたべるもいい
でせう」という直接伝達の人間的魅力に打たれたといいます。それは全くその通りですが、あの席でも申し上げた通
り、『春と修羅』第二集の「告別」(作品第三八四番)と較べてみましょう。この詩も「集会案内」と同じく生徒らし
いある少年への直接伝達にみえます。

 もしも楽器がなかったら
 いいかおまへはおれの弟子なのだ
 ちからのかぎり
 そらいっぱいの
 光でできたパイプオルガンを弾くがいい

240 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:52 ID:b5nAhOpQ
 しかし、詩になった瞬間に、言葉は我/汝の二項関係から解放されます。「エリーゼのために」という作品にとっ
て、実在のエリーゼがもう問題ではないように、「告別」のモデルの少年はいなくなります。直接伝達の感激はここ
にも感じられますが、それは賢治の巧みな策略によるもので、あくまで詩は不特定多数の読者即ち万人に開かれてい
ます。この点に関しては、拙著『ロランバルト/日本』を読み返して頂きたいと心からお願いします。

結論として私の申し上げることは、次の五点です。

一、プロメテウス(技術)の一元的支配を止め、オルフェウス(芸術)との調和を図らなければならない。
二、それには企業の果てしないモデル・チェンジにストップを掛け、職人、芸術家、思想家、文学者が、自然の
 有機的な制約によって、自らの制作を合理的にコントロールできるようにしなければいけない。
三、言葉の詩的使用を通常の言語の実用的使用と混同する?これが直ちに技術の一元的支配に繋がり、芸術を
 無限の機械的複製に貯めるのを止め、芸術や詩の「無用の用」を確認する。宮沢賢治を道徳教育の教科書に
 する愚行を排する。
四、日本的共同体構造をそのままにしては、如何なる未来も開けないことを確認し、個人と社会の関係を根本か
 ら考え直す。存在と関係のどちらを優先するのでもなく、主語の論理と述語の論理を往復する通態性の原理
 を貫徹する。
五、地球の管理を偶然に委ねず、為政者が自分の選挙のことしか考えない時代遅れの民主主義の盲点を克服
 し、一種の世界連邦的賢人政治を実現しなければならない。

 私達は何とかしてホモ・サピエンスであり続けなければなりません。狂ったテロリズムの恐怖の支配を許してはな
りませんが、「眼には眼を 歯には歯を」の悪循環から脱却するのもまたサピエンスの知恵です。

                                二〇〇一年九月十二日

241 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:53 ID:b5nAhOpQ
シグノ例会質疑

斎藤 私は電気屋に勤めているのですが、そこで今電気会社の考えていることは、テレヴイをコンピュータに入れて
ネットで繋いで、皆で観ることができる、実際に来なくとも観ることができる、そういう世界を作ろうということで
す。そのために色々製品も作り、宣伝もして、オンラインの。パラダイスを作ろうとしています。しかし一方で直接聴
く、コンサートの前売り券を何ヶ月も前から買って、その日体調が悪くとも無理に行って聴くとか、そういう努力も
致しますね。二時間なら二時間、音楽家が奏でる楽器の震えを同じ場所で自分も感ずる、これを私はオフラインのオ
アシスと呼ぶのですが、それとオンラインの。パラダイスとは全く違うものです。オンラインのパラダイスをどんどん
拡げて行く動きの中で今、守らなければならないのは、オフラインのオアシスであり、それを充実させるためにオ
ンラインを利用するならまだしも、もうオフラインは要らない、何処に行かなくても、世界中の名著をCD・ロム
に圧縮してアクセスできる、世界中の名講義にアクセスできる、そういう風になることだけが、意味があるとは考え
られないのです。そういうことを既に半世紀も前に気付いていた人がいたんだなと感じました。これが最初の感想で
す。

荒木 そうですね、よくヴァーチャル・リアリティーなどといって、オンラインのネットで、色んな人にも会え
るし、音楽も聴けるし絵も観られるといいますが、しかも、チャット・コーナーというか、談話サイトみたいな
所で、メル友というか友達にもなれるといいます。しかし、最近新聞などに出ているように、本当に知っている
人とメールだけの付合いというのは全然違うので、犯罪に巻き込まれたり色んなことになりますね。私が思うのに、
人間が一生の間で本当に友達になれる人。あるいは先生と学生、師弟の関係でも好いが、数は極めて限られていると
思います。勿論、スポーツの選手とか俳優とか、スクリーンの上に乗っかって初めて仕事が成り立つような職業の人
は別だが、しかし、それも昔は球場まで足を運んで、実際のプレーをこの目で見て感動したのが、今は私を含めてテ

242 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:55 ID:b5nAhOpQ
レヴィだけで満足している。基本がそれで成り立つ職種もあるかも知れないが、私などは少なくとも学者知識人の端
くれですから、オンラインの上で凡てが成り立つとは思えない。実際に知り合った、一生の間に会える二、三十人の
人を大事にして生きて行くより仕方がない。それが段々片隅に押し込められて殆ど影響を及ぼすことがないように見
えるけれども、実はそうではないんで、昔でいえば塾みたいなもの、実はシグノもそれを目指しているのですが、そ
ういう物の存在意義は、オンラインのネットが進歩すればする程大事になるのではないかと思います。人間が自分自
身の主人である、客体でなく主体となり得る場所が必要です。オンラインのネットでは、自分が単なる観客、単なる
聞き手に過ぎない。勿論チャットというものもあって、色んな人とメールを交換して、そこで自分を取り戻すという
のも不可能ではないかも知れないが、本当にリアルな人間関係とは違うのではないか。だから、オンラインのネット
というものを一概に否定するのではなく、それにはそれで存在意義があるし、色んな良い面を持っている訳ですけ
れども、それが無限に増殖して全部の決定権を握ってしまう、そういうことが危険なのです。それを適当にコント
ロールする、そういう判断主体が人間の側に残っていなければいけないのです。

斎藤 余りに凡てが便利になって、そこが瞳昧になる危険は確かにありますが、それこそ意識的にサピエンスであろ
うとしながら、機械を動かす論理や技術を反省して、ボタン一つ押すにも考えなくっちゃいけないと思われます。
会社で私の隣にいる人が、ヴィデオ、映像に夢中でして、色々なものを自分がいない時もセットして記録しておく、
休みの時にそれを編集する訳ですが、次々新しいものが入るので、編集作業に追われて、二時間なら二時間じっくり
観る時間が中々取れないというのです。彼は何時かそれを整理して自分のためのライブラリーを完成しようとしてい
るのですが、主体と客体の関係が逆転しかかっている一つの例かも知れません。本を読むというのはまた違った作業
で、じーっと自分と本が向かい合い、ある時間を掛けて解らない所は行きつ戻りつして読み返す、そういうことが必
要で、付合い方が少し違いますね。

243 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:56 ID:b5nAhOpQ
荒木 マンフォード自身が少し揺れているんですね。彼は版画芸術の意味を評価するのに吝かではないのですが、例
えば、私達に一番身近な浮世絵を例に取りますと、版画と絵描きが肉筆で一枚だけ描いた絵とは、美しさが違うと思
います。それは西洋の版画でもそうですね。普通に筆で描いて行く絵とは違う効果が出て来ますから、その点で版画
は普通の絵と違った独立した芸術ジャンルとなる訳です。それは写真などもそうだと思われます。写真の場合は簡単
に沢山コピーを作ることができる。それに対して見る人がこれは真の芸術だと尊敬する気持ちで観ていれば良いので
すが、安直にコピーが手に入るものだから、そしてカレンダーだ何だとあらゆる所に氾濫しますから、麻痺してしま
う、そしてもう無感動になる、それをマンフォードは非常に恐れているんですね。その際際の境目を決定するのは、
実は見る人に懸かっている。見る人が真剣ならば、版画も写真も立派な芸術になるが、見る人が無感動に麻痺して、
見ているけれど本当には見ないとなった時に、それは単なる消耗品に堕してしまうのです。人間の麻痺状態を益々
増進させる、良くないものになってしまう。その辺の際際の弁別が問題です。例えばテレヴィでも、たまにああ、
観て良かったと思うものがありますね。「生きもの地球紀行」などからは色々教えられる。しかし、そういうものは
放映される番組の百分の一にもならない。だからテレヴィというメディアの特質を生かして、変な煽情的なものに陥
らないで作られたものの中に芸術として生き残って行くものがきっとあるだろうと私は思います。それはオンライン
のネットの嘘ですが、凡てインチキとは決して言えないので、その中には真実なものは沢山ある、ただ、それが余り
に軽便に手軽に、斎藤君の隣の人みたいにどんどんテープが堆積して、自分が本当にライブラリーを楽しもうと思っ
てもその時間がない、量が増大してしまえば、必然的に有限な人間の感性は麻痺してしまう、そこをマンフォード
は非常に危惧している。彼が言っていることは、ルネッサンスが進行して行くにつれ、属性から物性へと重点が移っ
て行く、ということです。属性といえば、神様として、イエス様としての属性ですから、崇高とか神聖とか色々考

244 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:57 ID:b5nAhOpQ
えられるでしょう。それが、マリア様を聖母として見るよりも、まず一人の女として捉まえる、イエス様をイエスと
して見るよりも、十字架から下ろされたばかりの一つの死骸として見る、という風に変って来る。グリューネヴァル
トというのは、ルネッサンスから近代絵画の先駆けになったといっても良い訳で、クールベの出て来る遥か、遥か
前、近代絵画のリアリズムの源流を形作っているような人ですから、大変大きな役目を持っていると思うんです。し
かし、全体の潮流で見ると、絵画が属性から物性へと移って行ったことは疑う余地がない。ルネッサンスの最盛期
でも、(この間、私は有名なチェテリア・ガレラー二の肖像、「白船を抱く貴婦人」を観て来たんですが、)やはり、
ダ・ヴィンチには、ラファエロやミケランジェロにない、物性そのものへの興味というのが、非常に強く現れてい
ますね。それと今、展覧会をやっているカラヴァッジオ、あの人にもそういう所がある。そこに突然強烈な光を当て
るでしょう、真暗な中にね。あれがカラヴァッジオの秘密です。確かに現代は物凄くスピードが速い、スタイルや何
かが交替する速度が速い。その中で、芸術家は直感的に一生懸命仕事をし、ものを作る訳だが、それが一般の人にあ
あ、こういう深い意味があるのかと解るまでには時間が掛かる。それはピカソでも何でも皆同じですよ。印象派でも
最初出て来た時には皆サロンを落選して、アンデパンダン(独立美術)の旗を揚げたでしょう。その時直ぐには、こ
んなもの絵じゃない、一体何を遣ってるんだ、といわれるようなものが多いし、それからもう一つ思い出すのは、安
藤忠雄氏から頂いた『建築を語る』という本の中に、直島コンテンポラリーアートミュージアムのことが出て来る。
リチャード・ロングが流木で「瀬戸内の流木の円」というのを作った。安藤氏が村の子供達にお前達もここで遣って
みろといったら、流木を集めて隣に真似して作った。すると美術館の館長さんが、あれ困る、どっちがどっちか解ら
ない、というんだそうです。今は笑い話だが、長い目で見れば、ロングの霊感が子供達に産み通って、彼らの目と手
を養う肥やしになる訳でしょう。

245 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:59 ID:b5nAhOpQ
 昔、学生時代、奨めてくれる友達がいて(シグノのメンバーで長野で弁護士をしていますが一、毛沢東の『矛盾
論』、『実践論』などを読んだことがある。その中で非常に感動して今も覚えている言葉がある。今の中国が必要とし
ている芸術は、錦上更に花を添えるものではなく、寒夜に薪を送るようなものでなければならないというのです。彼
は芸術の良く解る人だから、錦上更に花を添える芸術が解るんです。それを否定はしていない、しかし今は寒夜に薪
を送らねばならない、それが先立つというのです。それともう一つレーニンです。彼はベートーヴェンを聴いて、何
と美しい音楽だ、しかし今、我々はべートーヴェンを聴いている暇はないといったそうです。そういう風に、偉い人
は革命家でも芸術が解る、それが何処かに出る、「無用の用」が解るんですね。
 「何も言わないために言う」というのは確かバルトの言葉だと思いますし、ジャン・ポーランという人が『タルブ
の花』という一種の言語論を書きましたが、その最後に「結局私は何も言わなかったことにしよう」とあるのです。
これを一般の人は文学者特有の逆説だ、勿体ぶってこういうことを言っているんだ、と片付け勝ちですが、バルトや
ポーランの言いたいことは、普通の日常の言葉なら、「君、そこにある本取ってくれないか」と言われて、「はい、ど
うぞ」と本を渡すように、言葉が行動に移りますね。「豆腐を一丁下さい」と言って、豆腐という言葉が豆腐とい
う物に変る、それで伝達が成り立つ。ところが、文学とか詩の言葉では実物が出て来ない、小説や詩を読んで、例え
ば、サスペンスとかミステリーなど読んで人が殺されたりする訳だけど、実際には誰も殺されないんですよ。全然別
の次元のことなのです。私が好く引き会いに出すのは、十返舎一九に『東海道中膝栗毛』という滑稽本がありますね。
ある所で芝居を遣っていた。お姫様を木に縛り付けて悪い雲助が手込めにしようという芝居なんです。観ている客
の中に大男の何とかいう力持ちがいて、ああ、けしからんというので、舞台に上って雲助を退治しようとした、そこ
で、雲助も逃げるし、お姫様も逃げるし、芝居が滅茶滅茶になったと書いてある。しかし、実際に起こったことだと

246 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 18:59 ID:b5nAhOpQ
いう次元で文学を受け止める人は、かなり大勢いるんですね。そこが文学の面白いところで、我々が一生懸命小説を
読んだり、詩を読んだりするのは、実際にあったかと思うからなんですね。しかし、それが文学の手立てであって、
本当は次元を異にしているんです。

熊倉 その後におっしゃったのは、不特定多数に言われている、つまり万人に開かれている言葉が、文学や詩の言葉
だということですが、不特定多数に向けられていても、例えば倫理的な言葉、「人に不正を働いてはいけない」とい
うような言葉は、通常、私達は詩的な言葉とは受け取りません。法律のような言葉ですね。

荒木 フランス十七世紀古典主義の理論家の中に、「文学は何のためになるか」という疑問に答えようとして(当時
も「無用の用」ということに承服せず、文学にも何か用途があるだろうと反論する人が沢山いました)、「楽しませ
つつ教える」と言った人がいます。倫理や法律の言葉が「何々してはいけません」とか「こうしなければならない」
とかいうだけでは皆楽しくない訳です。あれはおっかないとか難しいとか言う。その時に、文学で、劇なら劇、詩
なら詩を一生懸命読んでいる、あるいは観ている内に、道ならぬことをするとこういう風になるよというようなこと
を面白く読んでいる内に、観ている内に、ああ、そうか、自分はこういうことをしてはいけないんだ、ということ
が解って来る、それが文学の効用であるなどと説明した理論家がいたのです。それが一応正しいようにみえながら、
宮沢賢治の詩を道徳の教科書に使おうという人が必ず出て来る。「雨にも負けず 風にも負けず」を学校教育の修身
の教科書にする人と余り違いはないので、結局は、文学に対する間違った理解を導くことになるのです。しかし、世
間では文学に何かの効用を求める人が百人中九十九人、絶対になくなりません。そういう人達に「楽しませつつ教え
る」などと納得させると、予算も付いて美術館も閉鎖されずに済むのです。確かに芭蕉みたいな人ばかりなら、美術
館は全部潰れるでしょうから、中々難しい点はあります。

247 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 19:01 ID:b5nAhOpQ
熊倉 万人に開かれていても、ためにならないのでは矛盾していませんか。

荒木 直接のためにならないのですね。広い意味では、より深くその人に人間的なバランスを取り戻させるとか、そ
ういう意味はある。マンフォードのいう、今の技術一本槍の物質文明では、そのバランスが失われて、生まの、獣の
ような、衝動的なものしか生命力として考えられなくなっている。それに対して、本当に深い文学を読むと、自然
に人間のバランスが回復して来る、そういう効用はあるでしょう。

斎藤 文章を読む時に、最初解らない所があって、読んで行く内に段々解って来る、解らない所が少なくなって来
る、そういう印象を受ける文章がありますが、そうではなくて、言葉に言われていない部分が、暗示と共にどん
どん拡がって来るというのが文学作品ではないかと思うのです。バランスという点では、言葉として意識されてい
なかった部分が積み重なるお蔭で、実用の言葉に現されなかったものが回復するということがないでしょうか。

荒木 芹沢八段は天才棋士で、将来の名人候補といわれたのですが、升田、大山という両雄にどうしても歯が立たな
かった。そこで次第におかしくなって酒に浸るようになった。廃人みたいになって、四十台でしたかね、死んじゃっ
たんですよ。マンフォードの中には貴族主義的なものが強くあって、五千人も一万人もの大衆と一緒にアジャンタの
洞窟壁画を見ても、もう自分には本当の芸術的感動は起こらないというのです。法隆寺でも唐招提寺でも、修学旅行
の名所になっているでしょう。たまに行くとそういうのとかち合うことがある。展覧会に行っても、やたらと日付と
題だけノートしている中学生なんかに会うことがある。やはり一人でゆっくり観たいなという気持ちはありますね。
マンフォードの面白いところは、職人と芸術家が分かれていない状態が一番良いという考えが何処かにある、職人が
芸術家であり、芸術家が職人であり、両方が補い合える関係の要点は、沢山、数ができないというところですね。版
画にしても最初の三十枚、五十枚は良しとしても、その後は版木がもう駄目になって酷く質が落ちますね。写真のこ
とは良く知らないが、無限に同じものができるんですか。

248 :マンフォードと囲い込み回収構造 by 荒木亨:04/04/20 19:01 ID:b5nAhOpQ
斎藤 手の業から機械に移り、昔の技術はどんどん廃れて行く訳ですが、最近ベルリン辺りで、旧東ドイツの手職
人の技術が全然生かされない、それは勿体ないというので、古い遣り方でものを作る試みがなされていると聞きま
したご新しい芸術という時に今はもう顧みられない昔の技術の復活という側面があると思います。展覧会で、人が
少ないというのは有難い。何かを観てこちらの心が動いて来るまでには随分時間が掛かるんです。解らないななどと
思ってじーっと観ていると、次から次へと人が追い掛けて来て、色が奇麗ネーなどと言われると、こちらがおかしく
なってしまいます。

荒木 その点、京都で観たチェテリア・ガレラー二の肖像は工夫してあったね。絵の前に柵を二重に結いまして
ね、一番前は柵の内側で観られる。二度観たい人は、最初の柵の外に戻って来られる。更に観たい人は次の柵の外に
立つ。大抵の人は一度で行ってしまう、二度、三度と観たい人はほんの僅かだから、少し遠くなるが割合ゆっくり観
られる。

斎藤 先日ルーヴルで助川君と一緒にモナ・リザを観たんですが、何度も行ったり来たりして観ましたが、確かに表
情が凄いんですね。観る角度によって、毒気を孕んでいるように見えたり、そうでなかったり、印象が揺れ動くんで
す。観ている内にこちらの方がおかしいのではないかと思われて来ました。相反する表情の部分部分というものが
ひょっとしたら埋め込まれているのかと感じました。

荒木 それは「ダ・ヴィンチズ・スマイル」と言って、チェチリア・ガレラー二もそうなんだね。ラ・ジョコンドより
ずっと若い人ですから、そういう違いはあるが、やはり少し微笑している。それが可愛らしい微笑に見えたり、一寸
皮肉に見えたり、どうしてそう色々に見えるのかはダ・ヴィンチの貴重な秘密なんですね。

249 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:51 ID:TZh+1m8y
お金がなくても幸せになれる イギリス節約生活
Living On a Shoe-String in England

アリスン・デバイン Alison Devine

Foreword
Perhaps you're interested in a frugal lifestyle because
unfortunately your salary doesn't cover all the
minimum essentials in life and you're tired of being in
debt or living pay-check to pay-check.
Perhaps you're interested in a frugal lifestyle because
you want to have more of your paycheck left over at the
end of the month; either to save away or treat yourself.
Perhaps you just realized that your consumerism is
an escape route from other issues or perhaps you just
realized that you can't go on consuming the way you
have been for Mother Nature's sake.
Whatever your reason, this book is for you. I hope
you will glean something useful from it...

 あなたが節約に興味をお持ちなのは、不幸にも給料だけでは自分の生活の基本
的な部分までカバーしきれなくて、お金を借りたり、給料をもらうためだけに暮らして
いるのにもうあきあきしているからでしょうか?
 あなたが節約に興味をお持ちなのは、月末にもう少し給料を残せたら、貯金もで
きるし、欲しい物も買えるのにと思っているからでしょうか?
 たぶん、あなたは自分の消費生活が人生の他の問題から逃げるためだと気がつい
ているでしょう。また、母なる自然のためにも、このまま消費を続けられないとも
気がついているでしょう。
 そう、理由は何でもかまいません。この本はあなたのためのもの。あなたがこの本
から何かしら役立つものを拾っていただけたらと願っています....。


250 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:52 ID:TZh+1m8y
Chapter W
人生でいちばん大切なことはみんなタダ
The best things in life are free.

 さて、ここまで読んでくださったあなたに、あらためて質問します。あなたは、なぜ節約生活を送ろうとして
いるのでしょうか? お金がないから?買いたい物があるから? 旅行に行きたいから? 動機は人さまざまでしょ
うが、本当にそれだけでしょうか?
 現在の日本は、不況とはいえ、まだまだイギリスよりはるかに経済大国でリッチな国です。どんな人でもちょ
っとお金を貯めれば、エアコン、ビデオ、パソコン、新車……etc.と、簡単に手に入ります。そういう物に囲ま
れて育った人には理解できないかもしれませんが、イギリスに住んでいたころの私にとっては、これらの製品は
とても手の届かない"贅沢品"でした。これらの製品を苦労せずに手に入れられるのは、ミドルクラスから上の人
たちだけです。

大型テレビを見てショックを受ける

 そういう私も日本人の男性と結婚し、いまふたりで暮らしているアパートには、本当に贅沢な物がたくさんあ
ります。結婚した当初は本当に必要な物だけを買い揃えましたが、それが一段落すると、今度はパソコンや大型
テレビ、DVDプレーヤー、アンプというように、前述の私にとっての"贅沢品"を次々と買い始めました。初めは毎
回「自分がこんな"贅沢品"を買えるんだ」という驚きと感動がありましたが、いまではそういう物に囲まれての
暮らしが当たり前になってしまっています。
 つまり、すっかり日本式のライフスタイルが身についてしまったのです。
 先日、夫と「もし日本ではなくイギリスに住んでいたらどうなっただろう?」という話をしました。夫は英語が
達者なので、ふたりとも何とか仕事にはありつけそうだし、「問題ないな」と嬉しくなった瞬間、大きなテレビ
が目に入りました。その瞬間、「こんな大きなテレビやパソコンをイギリスの給料で買うのはかなり大変だな。
やっぱりイギリスに引っ越すのは大変だわ」と、ガッカりしたのです。
 と、同時に、いつのまにかイギリス人の心を失ってしまっている自分自身に気づいて、すごいショックを受け
ました。

251 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:54 ID:TZh+1m8y
誰とでも気軽なふれあいがある

 イギリスでの精神生活は日本より(とくに東京より)、はるかに豊かだと思います。
 まず第一に、イギリスでは、さまざまな人との気軽な交流があります。パブやバス停、ショップの店員など、
とでもすぐに変わる天気の文句を言いあったり、自然な会話ができます。日本で見ず知らずの人に突然話しか
けたらびっくりされてしまうでしょう。でも、イギリスでは誰でも気軽に声をかけ合います。また、日本のコン
ビニやスーパーは「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」と、とても礼儀正しいのですが、人の目
を見ないし、儀礼的で、日本に来て間もないころは、それをとても淋しく感じました。
 イギリスでは親、きょうだい、いとこ、隣人、友だち、場合によっては先生など、じつにさまざまな人との気
軽なふれあいがありました。気軽なふれあいをたくさん持つことで"親密なつき合い"ができる人と出会う可能性
が大きくなるのです。とにかくイギリスでは人と人がもっと話をするし、いっしょに過ごすし、親密につき合っ
ている人たちと過ごせる時間を、何より"大切な時間"と認識しています。そうして、何か問題が起これば、こ
うした"親密なつき合い"の中で、問題を解決します。悩んでいる人に対してイギリス人がよく言うのは、
"A problem shared is a problem halved."  (問題をシェアできれば半分は解決) という言葉です。

おしゃべりして、飲んで、食べて

 人々がふれあう格好の場所はパブです。日本の居酒屋とは違います。どちらかというとカフェに近い感覚でし
ょうか。お客さんも近所の人たちばかり。ほとんどの人が、家から歩いて5〜10分ほどのパブへ出かけるのです。
店に入ったらまず、バーカウンターで飲み物(ソフトドリンクでもOKです)や食べ物を注文します。そこでたの
んだ物を待っている間に、もうそばにいる人と会話が始まります。テーブルに着いてもいいし、バーで立ったま
ま飲んでいてもいい。それは自分の好きなスタイルでかまわないのです。おしゃべりして、飲んで、食べて、笑
って、ダーツやビリヤードをしながらわいわいと夜を過ごします。

252 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:55 ID:TZh+1m8y
 またパブ以外にも、週末になれば飲み物やスナックやレンタルビデオを持ちよって、親戚の家を訪ねたりも
します。そこでビデオ鑑賞をしたり(中には観ない人もいるでしょうが、それでもかまわないのです)、そこ
に遊びに来ている親戚の友人と友だちになったりして、いっしょに過ごす時間を楽しみます。
 日本ではお盆やお正月などの必然性がないかぎり、家族や親戚の家を気軽に訪れることはあまりないようです。
"必要のないことはやらない"というのは、イギリス人の私にはとても残念に感じられてしまうのです。もし、
週末にあなたがレンタルビデオとビールを片手にふらりと親戚の家を訪れたとしたら、その人たちはあなたのこ
とをどう思うでしょうか。しばらくは不審がられるかもしれませんが、思いがけず楽しいひとときを過ごせるか
もしれませんよ。

家の造りが人々を結びつける

 このような人間関係が生まれる背景には、イギリスの住宅のレイアウトが大きく影響しています。
 イギリス人の家のタイプは、大きく三つに分けることができます。ひとつは、日本で言ういわゆる一軒家。こ
れは、"ディタッチド"detached house(専用の敷地に独立して建っている家)と呼ばれていますが、ワーキングクラ
スの人たちの住む街ではほとんど見かけません。次にミドルクラスの人々が住んでいるのは"セミディタッチド”
semi-detached houseと呼ばれ、2軒の家が一つの屋根でくっついてできたタイプの家があります。家の前と後方に
は庭がついています。セミディタッチド同士は向かい合うようにして建っていますので、そこにはより広い庭の
スペースが生まれることになります。
 そして三つめが、多くのワーキングクラスの人たちが暮らしている”テラスハウス”terraced house(テラスと
は連続したという意味)です。テラスハウスは、小さな前庭と裏庭のついたレンガ造りの2階家が横に10軒連な
り、通りに沿って整然と並んでいます。
 テラスハウスの間取りは、1階にはキッチンと10畳ほどの部屋が二つ。そして2階にはバスルームと二つの寝室が
あります。日本の都心の住まいと比べれば多少広いかもしれませんが、けっして広いと呼べるほどのものでもな
いと思いませんか?

253 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:55 ID:TZh+1m8y
 もうおわかりと思いますが、私が育ったテラスハウスにしても、U字型に曲がっている道に向き合うようにして
建っているセミディタッチドにしても、じつに頻繁にお隣りさんと顔を合わせる造りになっています。隣り近所
の声もよく聞こえるし、見ようと思わなくても相手の家の中が見えてしまいます。ですから、自分だけが勝手な
ことをして、他の人に迷惑をかけてはいけないということを、小さいころから自然と学ぶ仕組みになっています。

それでも小さな競争はある

 イギリスの諺で "Keeping up with The Jones."というのがあります。"Jones"とはイギリスでとてもよくある名
字で、"keeping up with 〜" というのは、「〜に負けないようにがんばる」という意味です。つまり"お隣りのジ
ョーンズさんと同じようにがんばる"となります。こういうと、「それじゃあ、世間体を気にする日本人と同じじ
ゃない」という声が聞こえてきそうですが、この諺のニュアンスは、"公共のマナーを守るためにがんばる"とい
う感じで、人目を気にして見栄を張ったり、ハラハラしたりするのとはちょっと違います。
 とはいえ、こんなことも起こります。ある年の冬のこと、テラスハウスで屋根に断熱材を入れることになりま
した。マンチェスターはそれほど雪は多くないのですが、これは雪対策です。それで、10軒中、9軒の家が断熱材を
入れたのですが、その年たまたま雪が降りました。断熱材を入れた家の屋根は雪がそのまま積もっていて、つい
ていない家の屋根の部分だけは、熱気が上に逃げてしまうので、雪が解けてしまいます。
「断熱材を入れてるかどうか一目瞭然だよね」
と、みんなが噂しました。その家が、我が家でした。

254 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:56 ID:TZh+1m8y
本当に大切な物はお金では買えない

 「物より思い出」というキャッチフレーズが日本のテレビのCMから流れてきます。「何々した日々 Priceless」
「お金で買えない価値」というのもあったと思います。
 が、日本のみなさんは本当にそう思っているのでしょうか?なんだかそういうキャッチフレーズが最近の流行
なんじゃないかと、ちょっぴり勘ぐってしまいました。
 ただ、「人生は物より思い出」の節約生活が、心の中に深く染みついているイギリス人の私は、ここでどうして
も日本のみなさんに理解してもらいたいことがあります。それは、"The best things in life are free."(人生
でいちばん大切なことはみんなタダ)ということです。言い換えれば、「本当に大切な物はお金では買えない」と
いうことにもなります。
 幸せという観点から見た場合、経済的安定と幸福感は必ずしも一致しないということは社会学の研究からも明
らかになっています。もう何度も書いてきましたが、イギリスではその家族の家柄 family history、所得と資産
income and property、教育 education bacsroundによって、越えられない階級の壁があります。
 もし、ミドルクラスの人がなんらかの理由でアッパークラスの仲間入りをしたとしても、"snob"(スノッブ、
成り上がり)"nouveau riche"(ヌーボー・リーシ、フランス語で、成り金の意味)と呼ばれ、見下されたりもします。
ですからお金はあるのにアッパークラスの人たちに受け入れてもらえない欲求不満のはけ口として、彼らはブ
ランドの服やバッグを買い漁って身につけます。その結果、もともとつき合っていたミドルクラスの人たちから
も敬遠されてしまうという話は、実際によくあることなのです。これは、たくさんのお金を手に入れても、幸せ
にはなれないという顕著なたとえです。
 ではどうしたら幸せになれるのでしょうか?
 それは、"The best things in life are free."の中身を知ることです。イギリス人は、幸せを次の七つの要
素でできていると考えています。

255 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:57 ID:TZh+1m8y
幸せを構成する七つの要素

1 LOVE(愛)
2 FRIENDSHIP(友情)
3 LAUGHTER(笑い)
4 SYMPATHY(同情)
5 A SENSE OF PURPOSE(人生の目的)
6 SERENITY/INNER PEACE(心の平安)
7 JOY(歓び)

 では、イギリス人が考える「幸せの中身」を、順番に説明しましょう。

●LOVE(愛)
 人生の意味は愛です。世界中の主だった宗教が人生の目的に愛を位置づけているのは偶然ではありません。ま
たポップス、ロック、ブルースやジャズなどの音楽、演劇、絵画、文学など、芸術のテーマの多くが愛です。人
間には、植物に水が不可欠なように愛が必要です。それは生きる力になるからです。そして、愛はタダです!

●FRIENDSHIP(友情)
 愛があれば、そこには友情が芽生えます。お互い、相手がつらいときには力になり、ストレスが発散できるの
も友だちがいればこそです。また嬉しいときには、その歓びを何倍にもしてくれます。これも、タダです。

●LAUGHTER(笑い)
 愛する人や友だちといっしょにいれば、自然と笑いが生まれます。イギリスの諺に次のようなものがあります。
"Laughter is the best tonic"(笑いは最良のクスリ)。笑いも、タダです。

●SYMPATHY(同情)
 日本語で「同情」と言うと、上から下へ行なわれることのように感じるかもしれませんが、それは違います。
誰かが困っていたら、自分のできるかぎりのことをする。すると、あなたが苦境に立たされているときにも、きっ
と誰かが手を差し伸べてくれるはずです。同情があれば相互作用で幸せが増幅していきます。これも、タダです。

256 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:58 ID:TZh+1m8y
●A SENSE OF PURPOSE(人生の目的)
 人は落ち込むと「自分は(生きている)価値がない」などと考えたりします。そういうとき、友だちがあなた
を気遣ってそばにいてくれたらどうですか?あなたも、あなたの友だちも自分の存在に意味を見つけられるでし
ょう。こんな素敵なことも、タダです。

●SERENITY/INNER PEACE(心の平安)
 人のために自分が何かの役に立っていると感じるとき、お仕着せではない自分らしい生き方が見えたとき、欲求
不満は解消され、浪費に走る必要もなくなり、心の平安が訪れます。お金を払わなくても。

●JOY(歓び)
 これまでの六つのことがしつかり心に根づいていれば、"JOY"はもれなくついてきます。しかも、タダで!

買い物は店を選んで

 お金がないと不満を並べ立てているヒマがあるなら、すでに持っている物に感謝するように発想を転換させれ
ばいいと、思いませんか?
 たとえば、友だちの誕生日に贈るプレゼントの値段なんて、イギリス人には関係ありません。それよりも、そ
の友だちの誕生日を忘れないことの方が大切なんです。だからお金がなくてプレゼントが買えなかったら、カー
ドだけで十分!要は、大切な人のために何かしたいなあと思う気持ち、そして、そう思える人がいるというこ
とが重要なのです。
 とはいえイギリス人も消費生活には与しているので、買い物をします。ただし、店に売られている商品が、ど
ういう経緯でできあがって、また支払ったお金がどう使われるかを考えて店を選ぶのです。たとえば化粧品を買
うときに、動物でアレルギーテストをしている会社を選ばないといったことは、ごく一般的な考え方です。
 これは、"B.W.C. (Beauty Without Cruelty)"と呼ばれており、多くのイギリス人は化粧品を購入する前に、
そのパッケージに"B.W.C."の表示があるかどうかを確認します。

257 :アリスン・デバイン:04/04/25 01:58 ID:TZh+1m8y
 そのさきがけとなったのがアニタ・ロディックという女性です。'70年代にリトルハンプトンという街で、
『The Body Shop』(以下TBS)というコスメティックの会社を興しました。人間や動物の権利が守られていること
が確認できる同店の人気は、現在もまったく衰えていません。またTBSは『コミュニティ・トレード』というキャ
ンペーンも応援しています。発展途上国の豊かな大自然からつくられた化粧品を販売し、売り上げの半分はその
国へ返すというシステムです。
 この他、チャリティー・ショップも人気があります。チャリティー・ショップは、利益を寄付する目的で運
営されている店です。寄付の対象は、ガンの撲滅運動、お年寄りや身体が不自由な人を支援する基金、子どもの
権利を守る団体、動物愛護団体などさまざまです。その目的に賛同した人たちは、いらなくなった服や、本、お
もちや、家電製品など何でもチャリティー・ショップヘ持って行きます。そして、それらの品物は非常に安価に
売られるので、貧しい人たちにとっても大助かりなのです。
"Use your conscience when you shop."という言葉があります。「店を選ぶときは(買い物をするときは)、良心に
問いかけよ」という意味です。そのようにして買った物は、自然とリサイクルにもつながっていきます。
 節約生活は一見ケチケチしているように見えるかもしれませんが、タダならいくらでももらっちゃおうという
ような、自分勝手な生活スタイルとは対極にあるものです。これが、つつましやかな暮らしを送りつつも、心の
ゆとりを失わないイギリス人の生き方です。
 あなたの心にはいま、ゆとりがありますか?

258 :パパはのっぽでボクはちび ■解説 by 猪熊葉子:04/04/28 07:12 ID:Fqk5PP9i
 この巻に収められた作品は、『魔法のテーブル』をのぞき、あとは戦争
直後の一時期に何人かの作家によって集中的に書かれた、いわゆる「無国籍
童話」として一応分類できるだろう。この「無国籍童話」とは、鳥越信氏
の定義を借用するならば、「あきらかに現代的な日本の諸問題をテーマと
しながら、それを架空の国、架空の人物という設定の中で処理しようとし
たもの」であるが、今日の用語でいうなら空想物語のことである。
「無国籍童話」、あるいは空想物語として一応の分類が可能ではあっても、
よくみると、これらの諸作品のもっている性格は一様ではなく、さらに、
三つのカテゴリーに分類できるように思われる。
 敗戦によって急激な変動を体験した戦後社会の矛盾を、空想物語という
方法によって風刺することを基本的性格としていた「無国籍童話」の典型
的作品と考えられるのは、『かわいそうなやばん人』『ウィザード博士』『ミ
スター・サルトビ』『太陽の国のアリキタリ』などであり、これらの風刺
的発想による作品を第一のカテゴリーのなかにふくめてみたい。
 これらの作品を支えているのは、これまでに何人かの批評家が指摘して
いるように、あまりにも簡単に「民主主義化」した戦後社会の変貌に対す
る平塚武二の強い「怒り」であろう。その「怒り」の強さや、それまでの
日本童話にはあまりおおくの例をみなかったナンセンス・テール風の持味
は買えるにしても、風刺しているものの内容が常識的であり、また物語と
しては、虚構性を充分そなえていないために、せっかくの風刺の底が簡単
にみすかされる、という評価が、これまでは一般的であったようだ。
 だが、こんど読みかえしてみて、依然これらの作品がある力をもって迫
ってくるのにおどろきを感じた。それは、これらの作品を平塚武二に書か
せた「怒り」が二十年以上の歳月を経てもなお消えうせていないことによ
るものではないだろうか。吉田健一氏は、かつて次のように書いた。

259 :パパはのっぽでボクはちび ■解説 by 猪熊葉子:04/04/28 07:13 ID:Fqk5PP9i
 「人間といふものの嫌らしさが腹に染みて、それを吐き出すためにもの
を書こうといふ時に、ありもしない人物をありもしない場所に住まわせて、
ある日の天気がどうだったなどといふことに手間を掛ける余裕は残ってゐ
ない。怒りの方が先に立って迸り出て、畸形な人物や畸形な国々を勝手に作
って行く。それは人間や国の形をしてゐなくて、そこに確かにあるのは作者
の怒りだけであり、それを通して作者が人間の醜い部分のどこどこに対し
て業を煮やしてみるのかが、手に取るようにわかる仕組みになってゐる。」
 右のことばは、そのまま平塚武二の作品にあてはめることができるよう
に思われる。怒りをぶつけている対象は常識的なものであるかも知れない。
だがある時期、平塚武二は真剣に「怒り」を燃やしていたのであり、この
純粋な「怒り」が作品に生命をあたえて長い年月を生きさせたのだ。
 あるイギリス人は、「ほんもののひきがえるが住んでいる空想の庭園」
を提供するのが風刺文学であるという卓抜な比喩を用いた。平塚武二の場
合も、「空想の庭園」がもっと巧みに作りだされていれば、文学としての
価値はもっと高いものになっただろう。だが、当時の社会状況のなかでは、
おとなが何に対して強い「怒り」を感じているかを、まず子どもにつたえ
ること、そのことがたいせつだったのではないか。日本の児童文学の歴史
のなかでは、怒るべき時に、強く怒り、その怒りを作品のなかに示した作
家はごく少ない。そのような作家として、私は、未明や賢治を考えている
のだが、平塚武二をふくめて、彼らののこした作品のあるものに存在意義
をあたえているのは、その強い「怒り」なのである。
 しかし、平塚武二の強い「怒り」は、しだいに表面にあらわれなくなっ
ていく。『スパニョール座の人形劇』『ローレルの時計』などの作品になる
と、「怒り」にかわってあらわれるのは「不安」である。そして、それは
不気味な幻想世界をつくりだしている。

260 :パパはのっぽでボクはちび ■解説 by 猪熊葉子:04/04/28 07:14 ID:Fqk5PP9i
 風刺的精神がいきいきと活動していたころの平塚武二には、人間や社会
のあるべき姿についてのビジョンがあったと思われる。あるべき姿のビジ
ョンはまだ明瞭になっていなくとも、少なくとも、こうあってはならぬ、
ということだけははっきりわかっていたはずである。そうでなくては「怒
り」は生じない。「怒り」というものは、現実と、自分の抱いている人間的
社会のあるべき姿についてのビジョンのずれを認識したときに生ずるもの
であるから。
 だから、「怒り」が後退していく、ということは、現実が、もはやそれ
までのような単純な「怒り」をぶつけるだけではどうにも動かしようもな
い、複雑で怪奇なものになってしまったことをおもい知ったということだ
ろう。そのようなとき、「怒り」は目標を喪失してしまう。かわって出て
くるのは、物事の意味や目的をはっきりしたかたちでつかむことができな
くなったことから生じる「不安」である。こうして、たしかな現実と思わ
れていたものが、実は幻想にすぎなかったのではないかと思われるふしぎ
な世界が眼前にひらける。
 これらの作品にえがかれている世界は、戦後の混乱期に生きていた一作
家の心象風景としてながめると、ひじょうに興味がある。だが、正直のと
ころ、子どもの読者にとっては、かなりとりつきにくいのではないかと思
われる。第一のカテゴリーに分類した風刺的発想による作品からは、とに
かく、作者の怒りの強さが読者につたわり、また、ナンセンス・テール的
な物語の表面が子どもをおもしろがらせるが、これら二つの物語は、目的
と意味がさだかでない不条理な世界を見せているために、子どもは戸惑う
のではないだろうか。
 紙面がかぎられているために、くわしくのべる余裕がないが、このよう
な作品の評価は、本来おとなの文学の領域でなされるべきであろう。日本
の近代文学の風土では、空想物語的意匠をもつ作品は、おとなの文学とし
ての市民権をあたえられず、ただちに子どもの文学として分類されてしま
う習慣があるために、作品の正当な評価がなされずに終わることが多いが、
これは一考を要することを指摘しておきたい。


261 :パパはのっぽでボクはちび ■解説 by 猪熊葉子:04/04/28 07:15 ID:Fqk5PP9i
『パパはのっぽでボクはちび』は、質量ともに、この一巻のなかでは、ぬき
んでた作品である。
 人間や社会の矛盾をはげしく怒っていたころの平塚武二が風刺作家であ
ったとするなら、この作品を書いたころの平塚武二は寓話作家となり変わ
っていたといえるだろう。それは、怒るだけではどうしようもない複雑怪
奇な、不安な世界を発見したのちもなお、その世界の不条理さに屈服して
しまわず、それにたちむかうために人間が信じなければならない「価値」
や「意味」をつかんだことを意味している。そうしてつかんだものを、平
塚武二は、パパが息子に語りかけるというかたちで子どもたちにつたえよ
うとしたのであろう。
 一口でいってしまえば、のっぽのパパが、ちびの息子につたえようとし
ているのは、何が真実であるかというその内容よりも、真実に到達するた
めに人間がとらなくてはならない手つづきとは何か、ということである。
それは、まず現実を見る角度を変えてみる、ということからはじまる。
 物語のはじめで、パパはまずボクちゃんにねころがることを教える。ね
ころがることは、日常の世界では、おぎょうぎの悪いことである。だが、
からだを横にして目の位置を変えることで、もののみかたがすっかり変わ
り、それまで見えなかったものが見えてくることを、パパは息子におしえ
る。そうやってねころがった親子の前にふしぎな「ワガママの国」が見え
てくる。
 このふしぎな国で、さいしょにボクちゃんの出あうヒトリボッチという
名のおばあさんは、ツンポ、オシ、メクラである。このおばあさんは、は
じめから闇の世界に住んでいたのではなかった。ある時、母親のことばを
うたがったことがもとになって、ヒトリボッチにされてしまうのである。
おとなのことば−−日常世界では、子どもはその意味と価値とを当然のこ
ととして信じることになっている−−をうたがったために、そのことはか
支配している国から追放されるというおそろしい運命に、おばあさんはみ
まわれたのだ。「ワガママの国」とは、既成の意味や価値を信じない者の
住む国にあたえられた名なのである。

262 :パパはのっぽでボクはちび ■解説 by 猪熊葉子:04/04/28 07:16 ID:Fqk5PP9i
 パパは、くりかえしワガママの国に住む奇妙なヒトリボッチたちのとこ
ろへ息子をつれていき、そのたびに、日常生活のなかでは一見確実なもの
として信じられているものが、見かたを変えれば、かならずしも真実の名
にあたいしないことを示していく。
 平塚武二は、すぐれたユーモアのセンスを随所に発揮し、ナンセンスの
論理を「ワガママの国」で展開する。だから読者は、ついつりこまれてわ
らってしまうのだが、わらいながらも、この作者が、人間世界を黒くぬり
つぶしていく闇の力と、どこまでも対決して、それをおしもどそうとして
いるまじめな姿勢をくずしていないことを感じとらないではいられない。
 この寓話には、ふしぎなやさしさがあふれている。それは人間社会の不
条理につきあたり、傷を負ったおとながあじわう苦さを、子どもたちだけ
にはあじわわせてはならないと思う父親の、こころからわきでてくるもの
なのではないだろうか。

263 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:18 ID:Fqk5PP9i


 からりとはれた日よりも、雨や、くもりの日のほうがおおいのに、「太陽国」という名の国があ
りました。その国の、「太陽」という名の、しめっぽいみやこに、あるとき、男の子が生まれまし
た。かわった子ではありません。ごく、あたりまえの、ありきたりのあかんぼうです。
 ほかの人とちがわないということ、ありきたりだということは、「太陽国」では、なによりも、
いちばんいいことでしたから、その子のパパもママもよろこびました。アリキタリと名をつけて、
かわいがってそだてました。
 ところが、アリキタリが大きくなるにつれて、しんぱいなことがおこりました。というのは、ア
リキタリがうそをつかないということでした。たいていの子は、五、六歳になればうそをつく。そ
れなのに、アリキタリには、うそがつけない。ほんとうのことばかりいうのです。
「病気かもしれない。」
と、パパもママもしんぱいして、医者にみせたり、くすりをのませたりしましたが、さっぱり、き
きめがありません。学校へあがって、先生におしえてもらっても、まだうそがつけません。
「まったく、おたくのお子さんには、手こずりました。」と、先生は、先生のところへそうだんに
きたママに、いいました。「わたしのおしえることを、なんでも、あべこべに、おぼえこんでしま
うのです。からだもいいし、頭もいいのに、ちょっとしたウソがつけないなんて、どういうわけか、
わかりません。」
「なんとかなりませんでしょうか。」
「さあ……。なんとかしなければなりません。いまのままでは、どんな子になるかわかりまぜん。」
「ああ! アンファン・テリィブル(おそろしい子ども)!」と、ママはフランス語でいいました。
 学校の先生と話すときなどには、ちょいちょいフランス語を使うママです。これは、アリキタリ
のママが、どこにでもいるありきたりのママとおなじように、西洋かぶれだったからです。
 こんなわけで、先生も、ママも、いろいろほねをおりましたが、どうやっても、アリキタリは、
うそがつけませんでした。先生は、はらをたててしまいましたし、ともだちも、ばかにするように
なりました。中学をそつぎょうするころには、だれからも、あいてにされなくなりました。

264 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:21 ID:Fqk5PP9i
 アリキタリは、うそをつかないばかりでなく、ほんとうのことをいいすぎたり、いいことをしよ
うとしたりするようになりました。バスや電車の中でとしよりがたっていれば、すぐこしをかけさ
せますし、かわいそうなものを見れば、たすけたり、めぐんだりする、こまっているものには、し
ごとをさがしてやったりしました。
 まったく、アリキタリは、しまつのわるいわかものになりました。いつか、学問をばかにして、
学校をなまけている大学生とぎろんをしたときなど、警官につかまって、ばっきんをとられたくら
いです。
「こうなっては、あきらめるよりしかたがない。」
と、パパもママもおもいました。しかし、たいせつなひとりむすこですから、ほうっておくわけに
もいきません。どんなことをしてもアリキタリを一人まえにしなけれはなりません。
 そこで、パパとママは、しんるいをあつめてそうだんしました。あたりまえの人たちがあつまっ
て、あたりまえのことを話しあうそうだんです。かぎがあれば金庫があくということに、みんなで
さんせいしたり、一本のナイフは、じぶんのリンゴを、はんぶんにすることもできるし、ひとのリ
ンゴもはんぶんにすることができるというようなことをはなしあうそうだんです。
 そのそうだんがまとまって、おじさんがアリキタリをよびました。
「おまえのために、わしは、おまえにめいれいする。」と、おじさんはいいました。「おまえは大学
にいって、学士にならなければいけない。大学にはいってしまえば、ハモニカをふいていようと、
ダンスをしていようと、学士になれる。学士になれれば、役人になれる。役人になったら、はたら
くことなんか、どうでもいい。ほんのちょっと、上役に、おべっかを使えばいい。そうすれば、
エレベーターにのったようなものだ。課長になる。部長になる。局長になる。議員になる。大臣に
なる。とんとんびょうしというわけだ。」
「でも、ぼくは、そんなものになりたくありません。」
「なりたくない?」
「ぼくは、はたらきたいんです。」
「はたらきたいって……? はたらくなんていうことは、みぶんも金も、なんにもないものがする
ことだ。」
「ぼくはそうはおもいません。」

265 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:22 ID:Fqk5PP9i
「けしからん!人のために、むだばたらきをするなんて、ろくでなしのすることだ。」
 なんといわれても、アリキタリは、はたらくことにきめました。せっかくのおじさんのいけんも
きかずに、はたらきだしてしまいました。
 ところが、はたらけばはたらくほど、アリキタリは、みんなからきらわれました。ある工場では、
たった二か月でおいだされました。銀行では、一か月でやめさせられました。
 なぜおいだされたか? アリキタリが、水のようにすなおで、しょうじきで、しかも、のびのび
としていたからです。こんなよくない性質は、「太陽国」ではいやがられる。
「あいつは、きちがいだ。」
「あいつには、ほかの人よりよけいはたらくという、わるいくせがある。」
「だから、みんなのしごとが、うまくいかないんだ。」
「なんていやなやつだろう。」
と、なかまたちはいいました。
「まったくあの男は、きけんだ。」と、あるデパートの支配人もいいました。「なにがいちばんきけ
んだといって、おもったことを、おもいどおりに実行しようとすることほど、きけんなことはない。」
 こんなわけで、とうとうアリキタリは、どこでもはたらかせてもらえなくなりました。アリキタ
リがはたらいたおかげでもうかった会社や工場の社長たちほど、アリキタリをわるくいいました。
アリキタリがはたらいたおかげでらくをしたなかまたちほど、アリキタリをわるくいいました。と
もだちになるものはめったになく、なっても長つづきしませんでした。「太陽国」では、ともだち
は、かたきとおなじでした。なかよくしているように見えるときはあっても、それは、あいてから、
うまいしるをすいとるまでのことでした。



 しかし、アリキタリは、いつでも、いちばんただしいとおもうことをいい、いちばんただしいと
おもうことをしつづけました。そのために、しんるいにも見はなされました。パパからはにらまれ、
ママにはなかれるというありさまでした。
「どうしたわけだろう?」と、アリキタリはおもいました。「ぼくはこんなにはたらいている。わ
るいことはできないし、本も読めれば、計算だってできるんだが……。」

266 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:24 ID:Fqk5PP9i
「やっぱり、頭がわるいんですよ。」と、ママがいいました。「おまえの頭は、どこか、ネジがゆる
んでいるのですよ。」
「そうかしら?」
「そうですよ。」
 もしかすると、そうかもしれない……と、アリキタリも、しんぱいになってきました。そして、
ある日、町をあるいていると、ふと、かんばんが目につきました。

 【どんなにくるったゼンマイでも、なおします】

 アリキタリは、その店へとびこみました。
「こんにちは。」
「いらっしゃいまし。時計をおもちになりましたか?」
「頭です。」
「ああ、そうですが。ぐあいがわるうございますか。」
「みんなが、わるいというんですが……。」
「もうだいぶわるいですか。」
「ぼくが生まれたときからです。」
「たぶん、くみたてがまちがっているのでしょう。一度、すっかり、ばらばらにしてみましょう。
一か月かかりますが、よろしいですか。」
「かまいません。あずかってください。ああ、でも、この頭をあずけてしまうと、ぼくは頭がなく
なってしまう。」
「ごもっともです。では、こういたしましょう。あなたの頭を、おあずかりしているあいだ、かわ
りの頭をおかししましよう。ボール紙の頭ですが。」
「ボール紙の頭? だいじょうぶですか。」
「さあ、ボール紙ですからねえ……。」
 アリキタリは、じぶんの頭をわたして、ボール紙の頭ととりかえました。
「さよなら。」
 それから一か月たったとき、アリキタリには、おおぜいのともだちができていました。大臣や知
事や市長ともしりあいになり、大学へはいきませんでしたが、学士にもなりました。へいきでうそ
もつけば、おべっかもつかいました。ごまかしたり、きどったり、とぼけたり、いや、まったく、
見ちがえるほど、たのもしい男になっていました。

267 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:25 ID:Fqk5PP9i
 もちろん、パパもママも大よろこびでした。だれからもそんけいされ、みぶんもたかくなりまし
た。アリキタリにうそがつけなかったときには、つんとすましていたおじょうさんが、にこにこし
て話しかけ、およめさんにしてくださいといいました。国会議員になったかとおもうまに、すぐ大
臣になりました。
 たった二年か三年のあいだに、アリキタリは、すばらしく出世しました。なぜ出世したか。どん
なことでもかんがえずに、みんなのいうとおりに、いつも、いつも、あたりまえにしたからです。
「アリキタリばんざい!」
 こんどの総理大臣には、アリキタリがなるだろうと、いわれていました。そこで、アリキタリは、
ある日、自動車にのりこんで、みんなのうわさがどんなぐあいか、町をはしらせていきました。

 【どんなにくるったゼンマイでも、なおします】

「おっと、そうだ。」と、アリキタリは、かんばんを見ていいました。「すっかりわすれていた。ぼ
くの頭は、あれからずっと、あずけっぱなしだったんだ。どこか、わるいところがあったのかしら。
もしかすると、もうあの頭を売りとばしてしまったかもしれないぞ。とにかく、よってみよう。な
んぼなんでも、いつまでボール紙の頭でいるわけにもいくまい。」
 アリキタリは自動車をとめて、店へはいっていきました。
「こんにちは。」
「いらっしゃいまし。」
「ずっとまえに頭をあずかってもらいましたが……。」
「ああ、あの頭ですか。すっかりばらばらにして、しらべておきました。」
「どうもありがとう。」
「あれからお見えになりませんので、どうなさったのかとおもいました。ボール紙の頭はいかがで
ございましたか。」
「まあね……。」
「ボール紙でも、なかなかよろしいでしょう。なにしろ、ボール紙ですから、いくらでもつくれま
すし、売れゆきもばかにできません。」
「ところで、ぼくの頭は?」
「はい、ただいまさがしてまいります。」

268 :太陽の国のアリキタリ by 平塚武二:04/04/28 07:26 ID:Fqk5PP9i
 こういうと、時計屋は店のおくへいきました。もどってくると、
「これでございますね。」
「なおしてくれましたか。」
「いいえ。とんでもない!」
「なおせないほど、こわれていましたか。」
「いいえ、いいえ、なおすどころではございません。わたしもながいこと時計屋をしていますが、
こんなくみたてのきちんとした、ねじや、ゼンマイのしっかりしたものは見たことがございません。
どこもなおすところはありません。まったくすばらしい頭です。はくらん会へおだしになれば、特
等になるでしょう。」
 アリキタリは、頭をうけとりました。それをかぶって、いままでのボール紙のをかえそうとしま
した。が、かえすのをやめました。
「これは、紙にくるんでくれませんか。」
「おとりかえに、なりませんので?」
「やめておきましょう。」
「ごもっともで……。こんなごりっぱな頭は、むやみにお使いにならないほうがよろしいかもしれ
ませんね。ひどく目だちますからね。とんでもない目にあわされてもつまりませんな。」
 アリキタリは、むかしとちがって、ひとのいうことは、すぐきくようになっていました。なるほ
どそうだ。こんな頭を使って、世間をさわがしたくないとおもいました。そこで、時計屋にそうだ
んしました。
「ねえ、きみ、これのねじをまかないで、家においておくだけにしてもいいかしら。」
「そりゃあ、もう、けっこうで……。おたくにおかざりになっておくだけでも、たいしたものでご
ざいます。」
「そうですが……。でも、やっぱり家におくのもやめましょう。頭も、時計も、国がらにあわない
のはいけないでしょう。この頭は、あずかっておいてくれませんか。ぼくはボール紙のほうをもら
っておきましょう。」
 こういって、アリキタリは、ボール紙の頭のまま、自動車にのってかえりました。それからもア
リキタリがぐんぐん出世したことは、いうまでもありません。アリキタリはしあわせになりました。
「太陽国」で。

269 :論理の補強:04/04/28 20:43 ID:RyL/hZ/Q
何やってんだつみきは w

270 :論理の補強:04/04/28 20:45 ID:RyL/hZ/Q
ヒキコモリの末期ってとこだな w

271 :名無しさん 〜君の性差〜:04/04/28 20:58 ID:iDwbyIk3
いいなぁ〜ここw

181 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)