5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最後の】どうモテ(ry 孤独死しようぜ【晩餐】

1 :('A`):04/05/01 09:23
GW中に辿り着いたある喪男の最期の決断

2 :('A`):04/05/01 09:25


3 :('A`):04/05/01 09:26


4 :('A`):04/05/01 09:27
4

5 :('A`):04/05/01 09:27


6 :('A`):04/05/01 09:28
早く死ねばいいのに。

7 :('A`):04/05/01 09:28


8 :('A`):04/05/01 09:28


9 :('A`):04/05/01 09:31


10 :('A`):04/05/01 09:36


11 :('A`):04/05/01 09:37


12 :('A`):04/05/01 09:38


13 :('A`):04/05/01 09:55


14 :('A`):04/05/01 09:56


15 :('A`):04/05/01 10:45
nine

16 :のなー ◆/5gOoPqQ1o :04/05/01 12:34
16

17 :('A`):04/05/01 12:39
1000

終了

18 :('A`):04/05/01 14:42
この家に彼女が遊びに来る様になったのは去年の夏からだ。
そのころ彼女は小学校六年生になったばっかりでまだまだ子供子供していた。
私は自宅でフリ−のグラフィックデザイナ−として仕事をしていたので、
昼間は大体家にいて、
従兄弟のくるみのお守りを叔母夫婦に仰せつかったというわけだ。
お守りと言っても彼女は変に大人びてて、
背格好はクラスでも一番小さい位なのに
しゃべる事といえば一端の大人の様な口をきくので、
あまり子供を預かっている感じはしない。
その日も私が仕事中に合鍵で入ってきて彼女はリビングで読書などしていた。
『うあ!びっくりしたぁ。いたのかよ!』
『あ、オハヨー!』
『オハヨ−じゃねえよ!びっくりしたよ!』
『え〜だって叔父さん仕事してたんだもん・・。』
『あ、そっか・・・気ぃ使ったってわけね。』
『そうだよ・・』

19 :のなー ◆/5gOoPqQ1o :04/05/01 14:46
>>18
そうか。
良かったな。

20 :('A`):04/05/01 14:52
今回に限りのなーに参戦。
>>18
よかったな

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)